FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2007年12月29日 (土) | 編集 |
葉加瀬太郎のコンサートに行ってきました。
前に、ライヴイマージュで見たことあったけど、単独コンサートは初。

いやー、ステキ。
話面白いし、音楽楽しいし。
そしてやっぱり情熱大陸でしょ!
「情熱大陸 葉加瀬太郎」の検索結果
バイオリンって動けるのが良いねー。
葉加瀬さんは楽しそうにステージを歩き回ってますよ。
見てるこっちも楽しい。


終演後に会場に置いてあった曲目はこちら↓
都合により曲が変わる可能性もあるとの注意書きがあったので、実際この通りだったのかどうかはちょっと分かりません。

第一部
船上にて
Etupirka
Rondino
Beautiful Race
エストレリータ
雨の黒猫(シャ・ノワール)
約束の街
Another Sky
Color Your Life
第二部
ヴァイオリン・ソロ
前奏曲とアレグロ
MC
タイスの瞑想曲
Sally Garden Set
MC
ハンガリアン狂想曲
TRITSCH-TRATSCH POLKA
MC
CASA FELIZ
Born to Smile(Go West)



2007年12月27日 (木) | 編集 |
GUILTY(DVD付)
浜崎あゆみ CMJK H∧L

GUILTY(DVD付)
Kingdom(CD+DVD2枚組) talkin’2 myself(DVD付) EXILE LOVE(2DVD付) A BEST2-BLACK-(DVD付) A BEST2-WHITE-(DVD付)
by G-Tools

買ったー。
これから聴きます。
→聴いた。
ロック調のが多いような。
繰り返し聴かないとどれが好きとかはまだ分からぬー。

渋谷のHMVで買ったら、抽選があってポスターもらったよ。
DVD付の方のジャケと同じやつ。



2007年11月04日 (日) | 編集 |
HEAVEN(DVD付)
HEAVEN(DVD付)


けっこう前の曲だけど、最近なぜだか頭の中で流れて止まらない。
久しぶりにPV見てみたら、これまた止まらない。
何回も繰り返して見てしまった。

残るなぁ。
歌詞も曲も。
PVも良いな。

あゆの曲の中でかなり好きだな。
切ない感じがぐっとくる。

秋だからか?


視聴→HEAVEN(CD+DVD) ディスコグラフィ 浜崎あゆみ mu-mo 音楽配信・着うた(R)・CD-DVD-アーティストグッズショッピング
歌詞→Yahoo!ミュージック - 浜崎あゆみ - 歌詞 - HEAVEN



2007年10月23日 (火) | 編集 |
George Winston Piano Solos
George Winston Piano Solos


ずーーーーーーーーっと楽譜を出さなかったジョージウィンストンですが、ついに出ました!買いました!
うれし~!
初見じゃ弾けないけど!
これからちょっとずつ練習するさぁ



* * * * *
アレンジ屋のブログ ジョージ・ウィンストンの楽譜
空を越えて ~音楽の愉しみ~ジョージ・ウィンストン



2007年08月09日 (木) | 編集 |
今日はリクエストのあった曲をアップします。
久石譲の『summer』-映画『菊次郎の夏』やトヨタのカローラのCMなんかの曲です。

菊次郎の夏(サントラ)
菊次郎の夏(サントラ)


あらかじめ突っ込みどころ(見逃してほしいところともいう)を書いておきます。
・音が飛ぶ、外れる、一瞬次が見えなくなる、弾き直す。
・1分くらい経ったところがぐだぐだ。
・手前左下の白いのはティッシュです…ティッシュの箱を支えに使っていたので。

…もろもろご勘弁をm(__)m

さて、それではお楽しみください。





2007年07月30日 (月) | 編集 |
先日演奏動画をアップして以来、いろいろアドバイスをいただいているので、懲りずにアップします。
とある師匠からは課題曲を出されていますが、まだ練習中なので、今日はこの曲です。

坂本龍一のウラBTTBに収められている『Put your hands up』。
昔、ニュース23のテーマ曲でした。
この曲が好きだというアナタに捧げます。

ウラBTTB
ウラBTTB




“聴かせる演奏”をと思っているんですが、撮っていると思って弾くと固くなっちゃいます。
ちょっと音飛ばしちゃってたりもするし。

人前で弾くための練習と思ってやっていきます。



2007年07月25日 (水) | 編集 |
秋葉原に行きました。

駅前にはメイドさんやらネコ耳さんやらがいましたが…

070725_01.jpg


ピ、ピカチュウ???
顔出しNGでしょうからせめて後姿だけでも。
暑いらしく右手のタオルでぬぐってらっしゃいました。
この人ビラを配るでもなく、ただただ座っているだけ。
旅行者に写真を求められたりもしていましたが。
一体何が目的だったのかはナゾです。


さて本題。
秋葉原のDress Cafeというところで、友だちがライブをやるということで行ってまいりました。
ジャンルはサルサということで…誘った本人も良く分からないらしいですが、僕も分かりません。
ノリがよく楽しかったので細かいことはよしです。

同行した友人方みんな酒とつまみオンリーでしたが、僕はカレーを。

070725_02.jpg


ライブに行く前に食べたのにおなかすいてたのかなぁ。
久しぶりに食べたカレーはうまかったです。

ライブ後は、ステージにおいてあったピアノを少し弾かせてもらいました。
いやー、ぐだぐだ(笑)
こういうときに備えて日ごろから練習しておかなければ。
ステージできめたら気持ちいいだろうなぁと妄想9割練習1割の日々です。



2007年06月23日 (土) | 編集 |
早速メディアを買ってきました。
これでファイルサイズを気にせずにすみます。

てことで、こないだ曲の途中で切れてしまっていたものを撮りなおしてアップしました。



音質が余りよくないから誤魔化せてますが、粗が色々あります。。。
これからに期待してくださいませ~。



2007年06月21日 (木) | 編集 |
こないだ機種変したケータイで動画(音声アリ)を撮れるので、ピアノ弾いてるところを撮ってみました。
うまく鍵盤だけ表示させるためケータイをティッシュの箱とかで支えてセッティング…。
何度か撮りなおしたけど、けっこう緊張して(?)なかなかうまくいかないので、もう良いやと思ってとりあえずアップ。
曲は、リチャードクレイダーマン、「星のセレナーデ」。
ファイルサイズの都合上、曲の途中で切れてます。
しかも、一番盛り上がるところの手前で!





2007年06月04日 (月) | 編集 |
今日は連載を中断して、この話題にします。
「題名のない音楽会21」の司会としてご存知の方も多いのではないでしょうか。
肝細胞がんだったとのことです。
享年58。
まだ若いですね。
ほとんどこの番組でしか知りませんが、名司会っぷり、人柄、他の出演者との共演など、とても好きでした。
残念でなりません。
ご冥福をお祈りするばかりです。

haneken.com
テレビ朝日|題名のない音楽会21



2007年05月27日 (日) | 編集 |
今回のあゆのツアー、前回のさいたまスーパーアリーナに続き、横浜アリーナにも参加。

さいたまのときに買った、Tシャツ、リストバンド、光るうちわを持参して参加。
同行したメンバーとともにちょっとお茶してからグッズを買いに行ったらわりと時間がぎりな感じで。
もちっと余裕持った方が良かったかな~。

曲はさいたまのときとほとんど一緒だったけど、「JEWEL」がなかったな。
これ結構好きなんだけど。

でも!
「independent」があったのが嬉しかった。
もうね、振りほぼ完璧だから。
楽しいんですよ、この曲。

同じツアーだと、曲も一緒かなと思ってたけどそうでもないんだね。
合間のトークとかは当然毎回違ってくるし、お楽しみコーナーみたいなのも(ツアー中のエピソードを紹介したりetc)、違って面白いから、同じツアーでも何回も行く価値アリだなと思った。

ayumi hamasaki(浜崎あゆみ) Official Website



2007年05月22日 (火) | 編集 |
LA FOLLE JOURNEE au JAPON - ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 2007

東京国際フォーラムでやっていたイベント。
GW中、すべてのホールで一日中コンサートをやっている。
どのコンサートも1時間くらいで、チケットも2,000~3,000円。
ラフマニノフが聴きたかったけど、このイベントを知ったときには既に予約いっぱいだった。
予約取れる中から適当に選んで行く。
なかなか面白いイベントだった。
ワゴンで来てる出店も良い。



2007年03月11日 (日) | 編集 |
『ayumi hamasaki ASIA TOUR 2007 A』で、さいたまスーパーアリーナ行ってまいりました。

昨年に続き2回目。
2回目ともなると要領が分かって、ひかるウチワとTシャツ購入。
ライブDVD見てると、あゆはだいたい白T着てるので、白Tを購入。
狙い通り、あゆは白Tだった。
あと、あゆせんべいなるものも買って一緒に行った友達たちと食べてた。

070311_01.jpg


記念にということで、入場する前に、ウチワとせんべい持って、Tシャツに着替えて写真撮ったんだけど…風が強くて寒かったですよ!

席は4階の1列目。
4階だけど1列目なら楽しめるかなと思いきや…1列目は安全のために立ち見禁止て。
それじゃ、跳べないだろう?!
憤懣やるかたなし(おおげさ)
なんだかんだと座りながらでもある程度ノリノリ、後半は、椅子を倒して座らず、椅子を上げた状態で座ったので、まぁまぁまぁ。
でも不完全燃焼。
追加公演でリベンジかなぁ。
しかも何の偶然か周囲の方々の年齢層がちょい高め。
普段あゆとか聴かなさそうな。
この方々は一体。
周りが立ってれば、僕らも気軽に立てたんだけどなぁなんて。

ライブパフォーマンスは、毎度のとおり色々見させてくれます。
衣装変え、ストーリー仕立て、イリュージョン(?)。
ある意味では、中国雑技団、ドラリオン、マッスルミュージカル、劇団四季etcをミックスしたような。
この点を捉えてパクリだと非難する声もあるようですね…そういうのはちと寂しい。
よっちゃんをはじめとするバンドメンバー、ダンサー含め、楽しもう・楽しませようというのが感じられて良いのではと思いますが。

曲は、アルバム「secret」メインと思いきや、「Startin」も「BLUE BIRD」もやらなかった。
好きな「JEWEL」、「1LOVE」はやってくれた。
あとは最新の「part of Me」とか。

Secret (DVD付)
Secret (DVD付)


最初は「evolution」だけど、ちょっとスロウな感じで。
どっから現れるかと思ったら、空中ブランコみたいなのに乗ってくるから、すぐに気づかなかった。
みんながキャーキャー言うからどっかにいるんだろうと思って探してやっと見つけた。
突然消えて違うとこから出てきたりもするし、追うのも大変。
見つけて感動~みたいな。

そういえば予習して行った「independent」、「trauma」はやらず…。
ヤマが外れた(笑)
「SURREAL」、「SEASONS」とか懐かしい曲も。
「懐かしい」と言っても、実はこれらの曲が出た頃はあゆを聴こうとも思ってなかったんだけど。

あゆは、最後はマイクを置いて「ありがとうございましたー!」という。
そのとき、人差し指を口に当てて「しー」ってするんだけど、みんななかなか静まらない。
結局、あゆの声と客の声がかぶったのだけど、そういうのは今回が初めてだったみたい。
う~ん…ライブに来るならマナー守ってほしいです。
って最後なんだか愚痴っぽくなってしまったけれど、楽しめたので良かったです。
また行こう。

あ、あと、終わった後、外にこんな車が。
ナンバープレートは消します。もちろん。
似たようなのが2台停まっていて、みんな写メ撮りまくり。
中もあゆづくしですごかった。
あゆのことすごい好きなんだなぁ、持ち主の方。

070311_02.jpg




2007年03月07日 (水) | 編集 |
A BEST2-WHITE-(DVD付)
A BEST2-WHITE-(DVD付)


こないだ買ったベスト盤についてるカウントダウンライブのDVD、今週意外とゆとりあり、観る時間あり。
観れないかもとか言ってなかったっけか、ハハ。

「independet」で歌詞忘れて「ラララ~♪」って誤魔化してるあゆがかわいかった。
ライブ盛り上がると良いな~。


2007年03月03日 (土) | 編集 |
A BEST2-BLACK-(DVD付)
A BEST2-BLACK-(DVD付)


A BEST2-WHITE-(DVD付)
A BEST2-WHITE-(DVD付)


来週のライブに備えて(?)購入。
「年度末にベスト盤をリリースするのは、売り上げのためだ!そんな商業主義的な売りには乗らない!」というご意見もあるようですが、それはそれとして、僕は購入。
DoAsのときもそういうのは散々ありましたが、結局買ってたし。

あわせてCD2枚、DVD4枚…聴く時間・観る時間をどうやって捻出しよう。
いやいや、為せば成る、か。



2007年01月24日 (水) | 編集 |
トルコ出身のピアニスト、ファジル・サイ。
先日「たけしの誰でもピカソ」に出ていて、渋谷タワレコにてミニライブがあるとのことで、急遽見に行った。
相当人がいて、出てきたときしか姿を見られなかった。
演奏姿は見えず、音のみ。

っつうわけで、演奏姿を見たい方はこちらへ。

Fazil Say - Paganini Variations
Fazil Say Kara Toprak
Fazil say Turkish march

ちなみに、今僕は「トルコ行進曲」を練習しているのだけれど、彼のアレンジした方が耳に焼きつき、練習がはかどらない…(^^;)
こっちの方が楽しそうだしぃ~(>_<)

日本の公式サイトはこちら



2006年12月03日 (日) | 編集 |
YouTubeは何でもアップされてますねぇ…。
こないだご紹介したレ・フレールの演奏もアップされていたので、リンクを貼ってみます。

・「Piano Breaker」の2曲目「Boogie Back to YOKOSUKA」
・ミュージックステーションのテーマ曲
・ポパイ

こういうのやりたいんです。
楽譜出るまで、指鍛えておかなきゃ!


mixiのレ・フレールのコミュニティとか、ピアノ関連のコミュニティとかを見ていると色んな動画のリンクが貼ってあります。
ちょっと面白いなと思ったのがこちら↓

・コント?(かなり笑えます)
・ラカンパネラ熱演!


それと、動画ではないですが、midiファイルと楽譜のPDFファイルおいているサイトを発見↓

Piano1001

連弾用の楽譜もあるので楽しめそうです



2006年12月01日 (金) | 編集 |
ayumi hamasaki ARENA TOUR 2006 A~(miss)understood~
ayumi hamasaki ARENA TOUR 2006 A~(miss)understood~


ミーハーの月です、コンニチハ。

前ライブの模様を書いたけど、そのツアーの最終日がDVDに。
オープニングのダンサーがやっぱろりライオンキングに見える…。
「STEP you」「Ladies Night」のときのネコ耳水玉衣装はかわいい。
萌え(笑)
この曲のとき、縄抜けイリュージョンみたいなのやってんだよなぁ。
こういうの含め、エンターテイナーだなって思います。
そういうのが楽しいから、また機会があればライブ行ってみよ。



2006年11月25日 (土) | 編集 |
ホント何年ぶりか。
やっぱオケは良いです。

学生のオケですが、十分楽しめます。
チケット安いし!

会場は、東京芸術劇場でした。
広くて好きです、ココ。

で、演奏後に…。

オレも舞台に立ちたい!

ってね。
思ったわけですよ。
あ~ぁ、言っちゃった。

ブラボー!!!って言われたい!

とかね。

ハイ、そこで。
「月楽団(仮称)」を作ろうかと。
周りには今のところピアニストしかいないので、どうしようかという感じですが。
そのうち、なぁんかやってみたいなぁと。
団員の勤め先各社の広告をパンフレットに載せれば、会場を借りる資金とかも集められるんじゃないかなとか(僕らに宣伝効果あるのか?という疑問はすでにもらいましたが)。
興味ある方、心に留めておいて。
そのうちやってみませう。

自分が相当音楽の勉強せねばね。



2006年11月12日 (日) | 編集 |
ピアノ・ブレイカー(初回限定盤)(DVD付)
ピアノ・ブレイカー(初回限定盤)(DVD付)


LesFreres Official Site

か~な~り、オススメ。

兄弟によるピアノデュオ。
7人兄弟の3番目と5番目だそうだ(「Les Freres<レ・フレール>」というのはフランス語で「兄弟」という意味)。

20本の指で奏でられる音に圧倒される。
ジャンルは良く分からないのだけど(“ブギ・ウギ”ってジャンル?)。
低音も高音も力強く弾いてるから聴いてて気持ちが良い。
テンションがあがる。
ライブとかちょ~盛り上がりそう。

楽譜出たらとりあえず買お。
相方求ム。



* * * * *
ヨシナシゴト『PIANO BREAKER』 Les Freres
PUNXの葛藤の日々 PIANO BREAKER(Les Freres)
ゆかわらいふ Les Freres  PIANO BREAKER
ゆうやけいろに染まる頃 気になる音



2006年09月10日 (日) | 編集 |
ピアノの練習をしていると、たまに神がかり的に上手く弾ける瞬間があります。
指がしっかり動いているのが良くわかります。

おれ、今、神!

くらいに思ったりして。

その瞬間、神経が研ぎ澄まされて、ものすごい集中力なんでしょう。
神が去った後はぐったりしてダメダメです(笑)



2006年06月11日 (日) | 編集 |
先日、ミシェル・カミロを聴きに行ったが、僕が一番好きなのはジョージ・ウィンストン。
今回初めてコンサートに行く。
横浜関内ホールの2階席。
ちょっと遠い。
目を凝らして見る。

ジョージ・ウィンストンを知ったのは学生のとき。
当時、癒し系の曲が流行っていて、その特設コーナーみたいなところで、延々「All the Seasons of George Winston」がリピートされていた。
そのとき、やはり曲を気に入ったらしい女の子から「この曲はこのCDですか?」と聞かれ、「はい、たぶん…」なんて答えた。
すごくかわいい子だった記憶がある。
…いや、まぁ、どうでも良い記憶ですけど。
ともあれ、そのときからファン。

そして、ついに生演奏を聴いた。
彼、CDと同じようには弾かないのね。
ちょっとアレンジしてる風。
あと、弦に手を伸ばして抑えて、音が響かないようにしながら弾いたりとか。
“あんな弾き方あるのか”なんて思いました。
左手で弦に手を伸ばして、右手で一番高い白鍵叩いていて、その叩く音しか聞こえない。
同じフレーズをリピートするのが好きなようで、かなりの時間叩く音だけだった気がする。
じゃっかん眠気に襲われる。

今回初めて知ったのだけど、ギターも弾くし、ハーモニカも吹くし。
メロディがとてもステキです。
ちょこちょこっと歩いて、もさもさしてて、たどたどしい日本語で、不思議なおじぎの仕方で。
同行した女性陣は「かわいい」と気に入っていたようで。
今度僕が人前でピアノ弾いたら、あのおじぎくらいはマネしてみようかなんて。

帰りにCD買って帰る。
楽譜入り!
前も書いたけど、彼は楽譜がないのでこれはかなり嬉しい!

シーズンズ-ピアノ・ソロ-(DVD付)
シーズンズ-ピアノ・ソロ-(DVD付)



2006年05月25日 (木) | 編集 |
友人に誘われ、表参道のブルーノートへ。
初めて生でジャズを聴く。

ピアニストは、ミシェル・カミロ。
僕が先に行ってピアノの鍵盤が見える席へ。
友人が鍵盤の見えるところを取るのが良いと予め教えてくれたからそうしたのだけど、ナイスアドバイス。
よく見えて良かった。
彼の運指はとにかくすさまじい。
とんでもない速さ。
でもはずさない。
神業。

惚れました。
気さくで。
笑顔も素敵で。
サインもらう時に"I play piano a little."と言ったら、"練習がんばれよ"みたいなことを言ってくれたしい(友人が聞いて訳してくれた)。
練習あるのみですな。
すごい人を知ることはとても大事だ。
モチベーションが上がりまくる。

ベーシストのチャールズ・フローレスは渋い。笑顔はかわいらしい。しぶかわいい。
ドラムスのダフニス・プリエトはイケメン。ドラムかっこよかった。


おまけの話。
ブルーノートの「フォンデショコラ」(だったかな?)はめちゃめちゃうまい!
チョコケーキの生地みたいなものがマフィンのような形をしていて、中にトロトロに溶けたチョコが(こんな説明で伝わるでしょうか…)。
横にはバニラが添えてあって、混ぜて食べたらとろけます。
すっっっっっっっっっごくうまかった!


ライヴ・アット・ブルー・ノート
ライヴ・アット・ブルー・ノート



* * *
ミシェル・カミロ公式サイト
Michel Camilo Official Website
MICHEL CAMILO's home page


2006年05月10日 (水) | 編集 |
All the Seasons of George Winston: Piano Solos
All the Seasons of George Winston: Piano Solos


僕の好きなピアニスト、ジョージ・ウィンストン。

最高。
素敵。

良く知られているのは、「Longing/Love(あこがれ/愛)」でしょうか。
ホントどの曲も良いので、どれがお勧めとかそういうのはないですが、好きなのを紹介すると、「Cradle」「JOY」「Miles City Train」あたりです。
「Miles City Train」は特に楽しいかも。
“おぉ~い、どこまで行くんだぁ?!”って感じで。

ジョージ・ウィンストンは、昔もめたかなんかがあって、本人の意向で新しい楽譜は販売されないのです。
CD買うと、中に入っているのでそれをこつこつ集めるしかない、あるいは、かつて販売されていたのを持ってる人に見せてもらったりとかするしかないようです。
ちなみに何曲か持っていますが、どれも弾けず…(--;)
ぼちぼち頑張ります。


2006年03月12日 (日) | 編集 |
浜崎あゆみのライブに行ってまいりました。
DoAs以外は初めてなので勝手が分かりません。
手を振るタイミングとか、手拍子(?)のタイミングとかetc…
なんとなく“よそのウチ”に来た感じです。
“僕はDoAsの家の子だから、浜崎さんちは勝手が分かりません”的な。

全てがDoAsライブとの比較でしかないのですが、以下いくつかの点について。

客層。
ギャルやら若い女の子が多い。
言い方が、もはや自分が若くないかのようでイヤだな(笑)
要は、女子高生くらいの子が多かったっちゅうことですわ。
そのせいか、会場が香水臭い。
いや、臭いと言うほどでもないけど、DoAsのときは全く感じなかった気がします。
DoAsのときは、自分が燃え尽きて汗だくなので、汗くさいと言えば汗くさかった気がします。
そういえば、DoAsのときみたいに汗だくになりませんでした。
まぁ、そりゃそうか、あんなに激しくない。
…燃え尽きたいな。

ステージ。
ショーですね。
ダンサーいっぱいいるし、あゆは何回も着替えるし。
手品…イリュージョンと言うべきか…もあったし。
ライオンキングみたいなのもあったな。
衣装がかわいかった。
ピンクの黒水玉の衣装+ネコ耳。
男心をくすぐります(笑)
これ以外にもありましたけど、一番記憶に残ってます。

グッズ。
僕はとりあえずリストバンドだけ買って装備。装着。
光るうちわやペンライトもありましたが、買わず。
でも、みんな買っていたようで。
会場は青い光が溢れていました。
どうやらあゆライブには必須アイテムのよう。
曲に合わせて振ったりなどなど。
次回からは買うようにしよう。

よっちゃん。
DoAsで言ったらRYOさん的ポジション?
面白いね、この方も。
伴ちゃんと違って、あゆはよくしゃべるので、よっちゃんのトークメインということでもないですが。
実はあゆライブDVD持ってますが、ナマでよっちゃん見れて良かったです(笑)



今回のツアーはこのCDメイン。

(miss)understood (DVD付)
(miss)understood (DVD付)


ず~っと前はあまり好きではなかったですが、『evolution』あたりから聴き始め、今では普通にCDを買うようになってます。
このCDの中では『STEP you』『Ladies Night』『is this LOVE?』あたりが好きです。
初回盤で買うと、ミニ写真集みたいなのが付いてきて、僕は持ってます。
水着のショットもありましたが、ネコ耳の方が…(笑)

普通に楽しめたので、また行けたら行こうと思います。



* * * * * *
例によって、リンク&トラバ。

ライブ@さいたまスーパーアリーナ

ARENA TOUR 2006〜(miss)understood〜3/11さいたま公演

あゆツアー初日

あゆツアー初日、行って来ました!!
* * * * * *


2006年02月28日 (火) | 編集 |
先日「ベスト・ピアノ100」のことを書きましたが、その中にラフマニノフのピアノ協奏曲第3番第3楽章の一部が収録されていました。
全編聴いてみたいと思い、こちらを購入。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番


購入以来、第3楽章ばかり聴きまくっています。

すっごくイイ!

で、聴いてると、オケに行きたくなります。
圧倒される感じが良いですよね、オケは。
音がいっぱい聞こえてきて。

さて、そんな僕が日曜の朝によく見るのが「題名のない音楽会」
これは楽しいですよ。


2006年02月03日 (金) | 編集 |
・・・クラシック全然知らないので、少しは勉強しよう。
・・・でも何から聴いたらいいのか分からない。

と、思っていたワタシにぴったりのCD。

こんなの出してくれてありがとう。
聴いてて楽しいです。
CD6枚もあるのにこの値段だし。

ベスト・ピアノ100
ベスト・ピアノ100



2005年12月09日 (金) | 編集 |
CD屋に行って山崎まさよしのアルバム「BLUE PERIOD A side集」を購入。
そのとき平井堅の「歌バカ」発見。
いっぱい置いてあったので。
山崎まさよし本命で行ったのだけど「歌バカ」も購入。
今まで彼のCD買ったことなかったのだけど、友人が書いた感想を読んでいたので買ってみようという気になったのです。
その感想文が名文で、ブログだったらリンク&トラバしたいところですが、mixiなのでそういったことができない。残念。ぅぅ。
mixiユーザーも、記事はブログにしてmixiに取り込めば良いのに~なんて。
もうちょっと脱線したままですが、友人のブログとかで、話し言葉ではなく、書き言葉を見て、新たな発見をできるのが楽しかったりします。
こんなこと考えてんだとか、こんな文章書くんだとか。
話し言葉では気付けないからね、こういうの。


さて、本題。

Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ (初回生産限定盤DVD付)
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ (初回生産限定盤DVD付)


重いイメージがあったけれど、結構色んなタイプの曲を歌っているのだと初めて知りました。

DVD付の初回限定盤にして良かった。
歌と映像で楽しめて。
彼の軌跡を見ることができて。

重めの曲では「瞳をとじて」にどっぷりはまり。浸り。
終いには涙。
ほんと涙もろくなりすぎの自分が怖い。

明るめの曲では「POP STAR」が好きかな。
「その頬に微笑みを与えられたなら」という詞が気に入りました。
同感・・・共感、か?
惚れた女には笑顔見せて欲しいものね。

DVD付の初回限定盤、まだあるのかな。
これはかなりお薦めです、お早めに~!


2005年10月19日 (水) | 編集 |
どっぷり疲労し、摩耗し、磨り減り、癒されたい欲求がとてつもない。
ふと思い出し手に取った「ウラBTTB」。
久しぶりに聞いてみる。
収録されているのは、「energy flow」「put your hands up」「鉄道員」。
順に、リゲインのCM、ニュース23、映画「鉄道員(ぽっぽや)」で使われていた。
なんとなくゆったりした気持ちになれた・・・気がする。

ウラBTTB
ウラBTTB


「energy flow」以外の2曲はすでに弾ける。
「energy flow」は流行りすぎて当時弾く気にならなかった。
これが良くないところで、流行りものに乗り遅れる傾向にある。
流行りもの以外にも行動が遅いが。
けっこう損しがちだ。
最近は改善すべく努力しているつもりだが、冒頭述べたとおり空回り他いろいろあってしんどくなってきた。
偏頭痛と風邪も襲ってきたし。

話が脱線しすぎた。
ぼやきはこの辺にして。

こないだから「energy flow」の練習を始めた。
今年中には弾けるようになりたい。
マスターしたら「ウラBTTB」制覇。
ちょっと楽しみでもある。
誰に聴かそうか。
誰か聴いてくれるか。

ちなみに。
「BTTB」は、「Back To The Basic」の略です。