2014年03月26日 (水) | 編集 |
凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
「新潮45」編集部

凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫) 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫) でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫) 黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人 (新潮文庫) 殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)
by G-Tools

人の死と絡めて不動産を転がしたり、保険金を詐取したり、また、人を追い詰める時のやり口などおそろしい。
“普通のおじさん”みたいな人がこういうことを仕切っていたというのだからなおさら。
「人を見た目で判断しちゃいけない」というのは両側面あるよね、とも思う。

たまたま共犯者の人が告発したから発覚したようなものの、失踪事件で実はこれと似たような話というのはありそうな気もしますね。。。

映画の方はまだ見てないですが、リリー・フランキーがこのおそろしい人をどう演じているのか興味がわきます。





* * * * *
人の命は金になる『凶悪 ある死刑囚の告発』 わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
映画  凶悪 ある死刑囚の告発  実話
凶悪 ある死刑囚の告発 - 店長スペシャル
凶悪 ある死刑囚の告発 - 読書の記録

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック