• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年03月24日 (月) | 編集 |
日本人へ 危機からの脱出篇 (文春新書 938)
塩野 七生

日本人へ 危機からの脱出篇 (文春新書 938)
日本人へ リーダー篇 (文春新書) 日本人へ 国家と歴史篇 (文春新書) 想いの軌跡 皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上 皇帝フリードリッヒ二世の生涯 下
by G-Tools


塩野七生。

例によってバサバサと。

言語と思考回路はセットだというのが自論なので、母国語と外国語についての内容は共感。





* * * * *
日本人へ 危機からの脱出編 塩野七生 読書感想 ブルーな人生を完結させるための書評ブログ
読書ログ 「日本人へ 危機からの脱出篇」 書評?いえ読書ログ
のんびり読書日記 日本人へ~危機からの脱出編~
『日本人へ 危機からの脱出篇』塩野七生 - あれこれ随想記
イタリア・日本政治を斬る 塩野七生のエッセイ「日本人へ 危機からの脱出篇」 Frederica Choborine の音楽帳 楽譜と書評ブログ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。