• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2005年11月24日 (木) | 編集 |
天龍寺

1339年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため創建。
開山は夢窓疎石。
費用調達のために、天龍寺船による交易を推進。

051124_01.jpg


天龍寺の建物そのものは何度も兵火にかかったそうで、当時の面影を残すのは庭園のみであるとのこと。
その庭園は広くきれいで、山を望むと奥行きのある景色を楽しめる。
庭園を見て回っているときに雨が降ってきて困ってしまった。
写真を見ても分かるように曇っている。
嵯峨野を見ていたときは晴れていたのだが、午後曇ってきてしまったのだ。

051124_02.jpg


法堂にあるという雲龍図を見てくるのは忘れた。
これから行く方はご覧あれ。

庭園にあった・・・なんというのだろう、これは。
写真を見た友人は蛙がかわいいと気に入っていた。

051124_03.jpg
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
カメ・・・・亀・・・・??蛙のことではなく・・・??
あれ?亀さんって何処~(>_<)☆
2005/11/28(Mon) 08:31 | URL  | 有為 #-[ 編集]
お恥ずかしい(^^;)
有為さん、たびたびのご指摘ありがとうございます・・・頭文字の”か”が共通だから間違ってしまってました。
”亀”ではなく、”蛙”です。
ぼけてきたかなぁ(笑)
2005/11/28(Mon) 20:01 | URL  | 月 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック