• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年03月24日 (日) | 編集 |
映画『脳男』公式サイト

爆破テロで多数の死者発生。
犯人を捜す刑事(江口洋介)、現場に居合わせた医者(精神科?松雪泰子)。
江口が犯人のアジトで見つけた男(生田斗真)。
生田は感情が欠落しているものの、脳が異常に発達していたことから、祖父の教育方針によって、体を鍛え上げ、知能も相当に発達した。
それで「脳男」と呼ばれるようになった。
祖父はその体と知能で世の中の悪を滅ぼせと洗脳され、生田は爆破テロの犯人を殺そうとしていたが、逃げられたところを江口に見つかり、犯人扱いされた。
それで検査のために松雪の病院に送られた。
爆破テロの犯人も知能が発達した女子で生田に興味を持ち、松雪を人質に取るなどして生田を釣ろうとする。
それを知った江口ら警察も犯人を追う。

爆破が多いので、死人も多いし、描写もえぐいですね。
松雪の色気は相変わらず際立ってます。好きな女優さん^^
生田の肉体美もなかなか・・・・・・(笑)

ハッピーエンドではないので、後味悪いのがお好みでない方には向かないと思いますが、僕は面白かったです。





*****
神はいない 映画「脳男」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー
eo映画:最新映画 感想・レビューブログ 「脳男」感想

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。