• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2013年03月16日 (土) | 編集 |
SOSの猿 (中公文庫)
伊坂 幸太郎

SOSの猿 (中公文庫)
あるキング (徳間文庫) モダンタイムス(上) (講談社文庫) モダンタイムス(下) (講談社文庫) オー!ファーザー 陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
by G-Tools

伊坂幸太郎。
ネタバレあり。


イタリアで悪魔祓いを習った(?)二郎の話と、システムトラブルの原因を調査する五十嵐の話が交互に語られ、一つの物語に収束していくという構成です。
伊坂さん、だまし絵っぽいの好きですよね。
これもそんな感じがします。

どちらの話にも共通するのは西遊記、孫悟空。
小説らしい小説です。

心理学、エクソシスト、システムトラブルなどの参考文献も掲載されていることから、そういったものを勉強したうえで物語に組み込み構成してるってことでしょうけど、どういう風に作業しているんだろうかと思います。
伊坂さんの頭の中を可視化してほしい。。





*****
伊坂幸太郎『SOSの猿』 - すずかご - Yahoo!ブログ
『SARU』と『SOSの猿』競作作品のキーワードと両者を貫くものの話 - ポンコツ山田.com
『SOSの猿』-中野先生-『SARU』:貫華日記:So-netブログ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック