• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月18日 (金) | 編集 |
文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)
京極 夏彦

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)
厭な小説 文庫版 (祥伝社文庫) 幽談 (MF文庫ダ・ヴィンチ) 厭な小説 桜ほうさら 数えずの井戸
by G-Tools

京極夏彦。

とんでもないタイトルで、このタイトルからは中身は全く想像つかず。。。
ネタバレを先に言えば、この言葉は、ケンヤが、作中で会う人物に放つもの。
アサミという女性が死に、この女性のことを知りたくて、関わりのあった人々にケンヤが話を聞きに行く。
彼らは自分のことしか話さず、文句しか言わず、勝手なことしか言わず、ケンヤが「死ねばいいのに」と突き放す。

ケンヤの話し相手が自分だと思うと、何だか反省しなければいけない気持ちになってきます。

会話だけで、一冊書ききる京極さん、すごい。。。





*****
ケレルの日記死ねばいいのに。 - livedoor Blog(ブログ)
ひねもす新聞 2013年上半期に読んだ本について振り返ってみる。
まだあるかも…:河童は緑:So-netブログ
死ねばいいのに - Pan-Pの戯言
2013年8月初めの日記(書評:死ねばいいのに) 月の騎士の戯言-ウェブリブログ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。