• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月12日 (土) | 編集 |
西巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
京極 夏彦

西巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
前巷説百物語 (角川文庫) 数えずの井戸 幽談 (MF文庫ダ・ヴィンチ) 後巷説百物語 (角川文庫) 厭な小説 文庫版 (祥伝社文庫)
by G-Tools

京極夏彦。

巷説百物語シリーズで、舞台は関西。
だから、「西巷説・・・」なわけです。
主人公も又市ではなく、林蔵です。

構成としては又市の時と同じく、仕掛けを作って過去の事件を解き明かしていくというもの。
救いがあるものないものありますが、よくもまぁこんないろいろ話を考えられるものです。
中禅寺シリーズの方も続きが読みたいですね。





* * * * *
EEL BLOGSTYLE 西巷説百物語/京極夏彦
西巷説百物語 ★★★★☆ - 【世界中の】ub7637と隣り合わせのHIGHな青春【迷宮】
京極夏彦『西巷説百物語』を読む 六条亭の東屋
『西巷説百物語』著:京極夏彦 - ジャスタウェイの日記 - Yahoo!ブログ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『西巷説百物語』著:京極夏彦 / 角川書店(2010.7.30) ◆あらすじ◆ 上方には上方の仕掛けあり。「これで終いの金比羅さんやで」巷説シリーズ、新機軸の第五弾。 (「BOOK」データベ
2013/02/09(Sat) 21:46:08 |  ジャスタウェイの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。