• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2012年11月29日 (木) | 編集 |
ネタバレあり。

「悪の教典」公式サイト

悪の教典 上 (文春文庫)
貴志 祐介

悪の教典 上 (文春文庫)
黒い家 (角川ホラー文庫) 新世界より(上) (講談社文庫) 新世界より(下) (講談社文庫) 新世界より(中) (講談社文庫) 悪の教典 下 (文春文庫)
by G-Tools











原作が貴志祐介で、監督が三池崇史ってだけで、えぐいだろうなと思っていましたが、本当にえぐい。ひどい。
貴志作品は、ホラーはホラーでも幽霊が出てくるとか化け物が出てくるとかではなく、出てくるのは生身の人間ですが、欲望とかが一般人のそれを振り切っちゃってるような人が出てきて、それが怖いというタイプのホラーです。
で、本作はサイコパスの殺人者ってことで、人が大量に死ぬ、死ぬのは高校生ばかりということで、R15にもなり話題を呼んでます。
伊藤英明がうまいこと“イイヒト”を演じてて、その延長で殺人もしまくるので、えぐさが際立ってます。

アーチェリー部の男の子が出てきて、一旦校舎の外に出て助けを求めるので、最終的に警察がやってきます。
が、彼は弓も矢も持ってて学校に戻るので、もしかして彼が伊藤を止めるのかと思いきや。。。
学校に戻ったところで彼女を発見、思わず大きな声で名前を呼んでしまい、伊藤に見つかり。
伊藤が彼の前で彼女を打つそぶりを見せるも、先に彼を撃つ。同時に彼は矢を放つ。
が、銃弾が矢をはじき、そのまま彼は被弾、彼女の前で倒れ、言葉を失った彼女も直後に撃たれるという。
そんなえぐさが続くので、内容が無いスプラッターものと思われても仕方ない部分はあるかもです。

とにかく流血がひどいので、血が苦手の人にはお勧めできません。





* * * * *
劇物映画『悪の教典』 web-tonbori堂ブログ
映画:悪の教典 よしなしごと-ウェブリブログ
「悪の教典」は緊迫感のある映画でした - 松下宏の見たクルマ、乗ったクルマ、会った人 - Yahoo!ブログ
映画・悪の教典 やっくんのみゃあらくな日常-ウェブリブログ
映画「悪の教典」…やはりの演技? - チャコティの副長日誌 - Yahoo!ブログ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ネタバレあり。「悪の教典」公式サイト悪の教典 上 (文春文庫)貴志 祐介 by G-Tools原作が貴志祐介で
2012/12/04(Tue) 05:26:14 |  まっとめBLOG速報
□作品オフィシャルサイト 「悪の教典」□監督 三池崇史□原作 貴志祐介□キャスト 伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林 遣都、浅香航大■鑑賞日 11月11日(日)■劇場 
2013/01/06(Sun) 19:57:00 |  京の昼寝〜♪
 邦画で学園の残忍なシーンを描いた作品という意味でちょっとバトル・ロワイアルに似てるかなという気もするけど、あの爽やかそうな先生がどう豹変するのか楽しみな悪の教典の記事...
2013/01/20(Sun) 14:37:00 |  よしなしごと