• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月21日 (金) | 編集 |
120821.jpg

初日(8/24)だけチケット取れて行ってきました。
後方の席でしたが、ものすごい倍率だったので当たっただけでも良いと思ってます。

以下、よそからのセトリのコピペとともに感想を。




影アナ 高橋みなみ
影アナっていうのは、コンサート上の諸注意などのアナウンスを、普通は係の人がやると思うんですが、AKBの場合はメンバーの誰かだったり、イベントだと著名人(eg.田原総一郎)だったりがやるのを言います。
目標にしてきた東京ドームコンサートの実現ということで、この人以外誰がやるかという人選ですね。
VTR チームAの過去、各メンバーが1837m(1830m?)の道を歩く
01.Overture
02.PARTYが始まるよ(前田、小嶋、峯岸、高橋み、板野、篠田)
友達と行ってて、初日の最初の曲だからなんだろうって会話してたんですが、AKBの原点の曲を、初期メンバーで。
なるほど、彼女たちの7年越しの夢ですから、それもそうかと納得です。
ちなみに舞台は最初閉じられてて、Overtureの時にそれが左右に開きました。
後方席だったので巨大な扉の模様がよく分からなかったのですが、出演者全員が赤い衣装を着て、マネキンの如く並んでいたという写真をあとで見て、あれはこうなっていたんだと驚きました。
03.dear my teacher(一期生+二期生)
04.毒りんごを食べさせて(一期生+二期生+三期)
05.会いたかった(一期生+二期生+三期生(卒業生メンバー8人も))
序盤はもっとも初期の劇場公演曲中心でしたね。
実はよく分かっておらず。。。
SDN移籍組も呼んでいたのは良き配慮だったと思います。
劇場公演の最初の客は7人くらいで、ステージには16人いて、客の方が少ないという状況から東京ドームでコンサートやるまでに至るという苦労があったわけで、居なくなった人も含めて、先の見えない状況で築きあげてきたわけですから。
MC1 AKB48卒業メンバーはSDN移籍組
06.プラスティックの唇(篠田麻里子4人のダンサーつき)
篠田は歌があまり得意ではないという中、ソロ曲を。
カッコイイ演出でした。
07.Bulerose(柏木、倉持、高城、河西)
本来歌うメンバーは決まっていますが、コンサートだとあえて違うメンバーに歌わせてその違いを楽しむということがよくあります。
ここから先は割と違いますが、本家が誰かはよく分かっていません
08.泣きながら微笑んで(板野友美)
大島優子の歌。
板野、かっこよかったです。
09.直角Sunshine(チーム4)
10.嵐の夜には(Notyet)
11.AKB参上!(チームA+指原アンダー武藤十夢)
12.いつか見た海の底(Up-and-cominggirls)
13.NEW SHIP(スペシャルガールズA)
14.ミニスカートの妖精(ノースリーブス)
15.投げキッスで撃ち落せ!(渡り廊下走り隊7(浦野一美はいない))
16.7時12分の初恋(前田敦、向田、島崎、高橋朱、川栄)
MC2 前田敦、向田、島崎、高橋朱、川栄
前田敦子以外は、次世代と言われているメンバー。
前田が「何でも聞いて良いよ」と言って、島崎が「アンチはどうですか?」って(笑)
前田、苦笑いしながら、「そういう人でも振り向いてくれて嬉しかったりするから、がんばるしかない」みたいな回答。
ここのMCは先輩と後輩たちのやりとりがほっこりする感じでした。
17.初日(チームB+増田アンダー佐々木優佳里)
18.チームB推し(チームB+増田アンダー佐々木優佳里)
この2曲は好きな曲で、連続で聴けてかなり盛り上がりました。
19.バッチコイK!(チームK)
20.ウッホウッホホ(チームK)
タイトルふざけているように見えますが、中身は結構良いと思ってます。
VTR2 AKB0048
MC3 NO NAME
21.希望について(NO NAME)
22.夕陽を見ているか?(前田、高橋(セリフ)、峯岸、板野、小嶋、篠田)
23.風は吹いている(選抜メンバー)
24.君と虹と太陽と(チーム4+AKB非選抜メンバー)
25.BINGO(SKE48)
26.10年桜(NMB48ヴァージニティー選抜メンバー)
27.胡桃とダイアローグ(チームA)
28.RUN RUN RUN(チーム4)
29.Baby!Baby!Baby!(JKT48(現地語))
JKTはインドネシア語?で歌ってるんですが、客席は原曲通りの盛り上がりっぷり。
30.涙サプライズ(HKT48)
31.上からマリコ(選抜メンバー)
32.君の事が好きだから(14thシングルアンダーガールズ+奥アンダー梅田彩佳)
MC4 君のことが好きだからのメンバー+梅田彩佳
33.RIVER(選抜メンバー)
34.Beginner(選抜メンバー)
35.大声ダイヤモンド(選抜メンバー)
36.言い訳maybe(選抜メンバー)
37.Everyday、カチューシャ(AKB48)
38.ポニーテールとシュシュ(AKB48)
39.フライングゲット(AKB48)
40.真夏のSoundsgood!(AKB48)
後半怒涛のシングル曲ラッシュですさまじい盛り上がりです。
客席はいろんな色のサイリウムで、ほんとにきれいです。
ステージから見てみたい光景です。
MC5 高橋、板野、峯岸、前田、篠田、小嶋
ケーキのようなセットにメンバー勢揃い
41.青空のそばにいて

本編終了
VTR3 セットリストベスト100を2013年1/24~27日に開催することを発表
-ENCORE-
EN01.ギンガムチェック(選抜メンバー)
EN02.あなたがいてくたから(全員)
戸賀崎支配人が登場しチーム4をなくし組閣すると発表
ここで現チームをばらばらにしたり、姉妹グループとの兼任や海外移籍などが発表されて、会場はメンバーも客席も大混乱でした。
普通の会社とかと同じですね、もはや。
人事異動です、これは。
そして誰もが即座に納得するわけではないので賛否両論渦巻くわけで。
結果の良しあしは時間が経たないと判断できませんね。
そんな混乱の中、自らも総監督というよく分からない地位を与えられながらも、メンバーを落ち着かせ会場の空気を改めコンサートを最後まで盛り上げようとする高橋みなみ。
若いのにえらいな、この子は。
尊敬。
EN03.少女たちよ
EN04.ヘビーローテーション
EN05.ひこうき雲



こんな感じでコンサート終了。
帰る客でごった返してるので、多少空くのを待ってから電車へ。
グッズの列も尋常じゃなかったので、前日に買っておいて良かった
4時間待ちだったとか。
炎天下、熱中症になった人とかいなかったのか気になります。
コンサート始まる前に疲れ切っちゃいそうですよね。
倍率高くてなかなか当たりませんが、楽しかったのでまたコンサート行きたいですわ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。