• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2012年09月13日 (木) | 編集 |
鉄道会社はややこしい (光文社新書)
所澤 秀樹

鉄道会社はややこしい (光文社新書)
商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書) 日本の鉄道 乗り換え・乗り継ぎの達人 (光文社新書) 鉄道地図 残念な歴史 (ちくま文庫) 鉄道と国家─「我田引鉄」の近現代史 (講談社現代新書) 鉄道地図は謎だらけ (光文社新書)
by G-Tools

職業柄、相互乗り入れとかの契約ってどうなってるんだろうと思って、その辺の答えを期待して読みました。
あっさり、相互乗り入れしてる距離を同等にしたり、車両の長さ・編成が違う場合でも電車の長さを計算したりして清算してるとのこと。

あとは、全国津々浦々の色んな乗り入れ状況とかとか。
鉄道好きにはたまらんかもしれないですが、僕にはあんまりでした。
途中から読むのがつらかった^^;

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック