2012年01月21日 (土) | 編集 |
スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)
宮部 みゆき

スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)
魔術はささやく (新潮文庫) 龍は眠る (新潮文庫) クロスファイア〈下〉 (光文社文庫プレミアム) 長い長い殺人 (光文社文庫プレミアム) 淋しい狩人 (新潮文庫)
by G-Tools

最近、宮部みゆきのミステリーを読んでいると、必ずどうしようもない犯罪者が出てくる印象がある。
本当に救いがない。
そんなのは脇役なんだけど、主役たちはそいつらのせいで人生めちゃくちゃ。
ハッピーエンドにもならない。
ご都合主義じゃないのは良いのだけど、後味が悪いというか、読後感がもやっとする。

本作は、関沼慶子の持つ銃を、知人の織口が奪うというところから展開する。
ネタバレしないようにあらすじ書くってことができないので、これだけにしておきますが。

一冊で、適度な長さで、話としても気になるから読み進めていくんだけど、そうやって読み終わった後のせつなさが。





* * * * *
おもしろい本が読みたい!! スナーク狩り
『スナーク狩り』/宮部みゆき - 狐の日記帳
宮部みゆき、オオイシヒロト/スナーク狩り マンガ一巻読破
スナーク狩り|雑読日記
■スナーク狩り [青年漫画] Hello Nico World

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック