• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2011年05月10日 (火) | 編集 |
谷干城―憂国の明治人 (中公新書)
小林 和幸

谷干城―憂国の明治人 (中公新書)
三国志―演義から正史、そして史実へ (中公新書) 大鳥圭介―幕府歩兵奉行、連戦連敗の勝者 (中公新書) 北条氏と鎌倉幕府 (講談社選書メチエ) あの戦争と日本人 オランダ風説書―「鎖国」日本に語られた「世界」 (中公新書)
by G-Tools

幕末~明治の人。
軍人として名前をちらっと知っていた程度だったので、読んでみた。
土佐出身、西南戦争時には熊本城死守。
その後は貴族院議員として、活躍。

幕末の志士たちは、だいたい明治政府で高位を占めたわけだけど、谷干城は軍人をやめ議員となった。

時勢に乗らず、自説を貫くのは大変だったろうなという印象。
たとえば日露戦争勝利後、軍拡に向かうのだけど、それに反対したり、とか。

時勢に乗るのが良い、とはこれっぽっちも思ってません、念のため。





* * * * *
谷干城の慶応三年 つばめ飛ぶ 餌を取りては 子のもとへ
谷干城 - アナログでいこうよ - Yahoo!ブログ
奇しき因縁 坂本龍馬と谷干城(たにたてき) - 徒然なか話(とぜんなかはなし)
小林和幸著:『谷干城~憂国の明治人~』 - 総督府資料館雑記張
谷干城ミュージカル 写真集2010 - 四万十へ帰ってきました。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック