• 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月14日 (月) | 編集 |
地震後初の平日ということで、普段より早めに出て電車乗りましたが、降りる人の波におされ、その後は乗りなおすこともできず、電車は混む一方。
迂回路検索しても、どこも混んでそうな気配。
そうこうするうちに出社不要との通達。
自宅待機。

計画停電の動きもどうなるか分からなず、スーパー・コンビニで懐中電灯も、水も食料もなくなり、どうしたものかと。
こういうとき一人暮らしは大変だ。
普段は気ままな生活を良いと思っているのに、勝手ですよね。

福島原発、大きな爆発もあり、負傷された方もいますが、現場で作業をなさっている方々の働きに頼るしかなく、祈るばかりです。
なお、これについては人災という意見も出ております(ネットで探せば出てきます)。

事実確認をしていないので具体的なことは言及しませんが、一般論として、指導的立場にある人間は自己顕示欲を捨てなければ。
立場が上にいく人間には少なからずそういう部分があることは承知していますが、時と場合を弁えなければ人物ではない。

人物ではない、で余談ですが、暴言を吐いた政治家がいるとの噂が。
これまた事実確認していませんが、本当だったら嘆かわしいことです。


停電について。
今日、計画していた停電が減ったのは、電車が運休等の対応をしたことが一因でしょうか。
通勤に混乱が生じたという一方で、停電が少なく抑えられたという状況があります。
あちらを立てればこちらが立たず、という状況なのでしょう。

近所のスーパーが煌々と照明をつけていたことが、ややショックでした。
半分消すといった対応も可能ではないかと思います。



コンビニの深夜営業について。
以前も深夜営業廃止論があり、今回は節電の観点から深夜営業を抑制せよとの意見が出されています。
灯りがあることで犯罪の抑止効果ありなど深夜営業のメリットもあり、個人的には、いざというときに物を調達できる場所として重宝しています。
今のような緊急事態であれば、なおさら「いざ」という場面も生じうるのではないかと思っています。
ここ数日は、食料等の調達に殺到されているため、物資不足に陥っていますが、それでも多少物が残っており、急場を凌ぐことはできるでしょう。
これも節電との兼ね合いで、あちらを立てれば・・・の議論になりますが、双方のメリット・デメリットの洗い出しと、プライオリティ付という当たり前の行為が必要です。
最後は価値観に基づきプライオリティ付がなされますが、頭から片方の選択肢に決めつけるのはよろしくないと考えています。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。