• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年02月13日 (日) | 編集 |
映画の「ジーン・ワルツ」観てきました。
映画「ジーン・ワルツ」公式サイト

ジーン・ワルツ (新潮文庫)
海堂 尊

ジーン・ワルツ (新潮文庫)
ブラックペアン1988(上) (講談社文庫) ブラックペアン1988(下) (講談社文庫) ひかりの剣 (文春文庫) ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9) 夢見る黄金地球儀 (創元推理文庫)
by G-Tools

クールウィッチ曾根崎理恵を菅野美穂、清川吾郎を田辺誠一。
ほか、キーマンも良い配役かと。

原作テーマは、産科医の現状。
生まれることは奇跡なのに、当たり前だと思って医師が攻撃されれば、産科は崩壊する・・・というのがテーマ。
もう一つは代理母。
映画版だとそこまで掘り下げられていない。
ヒューマンなドラマに仕上がってる。
それはそれで悪くないです。

映画の理恵の方が、原作より人間味を感じる。

三枝久広医師は原作では間接的に登場するのみだけれど、映画では重要な事件として扱っている。
エンディングの違いも気になる。
というのは、海堂ワールドはいろいろなところでつながっているので、今後海堂作品を映画化しようと思った場合、原作との違いについて辻褄を合わせていかなければならなくなることが予想されるから。





* * * * *
[映画] ジーン・ワルツ - おーじろ なんでも日記 - Yahoo!ブログ
映画「ジーン・ワルツ」 FREE TIME-ウェブリブログ
ジーン・ワルツ - 映画の感想するのは俺だけか
【映画】「ジーン・ワルツ」 - なぁニャンのひとりごと - Yahoo!ブログ
映画「ジーンワルツ」 - 底抜けキッド!ウルティモ・ブログ - Yahoo!ブログ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。
2011/07/17(Sun) 21:19:21 |  FREE TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。