• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年01月31日 (月) | 編集 |
ブレイズメス1990
海堂 尊

ブレイズメス1990
アリアドネの弾丸 マドンナ・ヴェルデ 極北クレイマー 外科医 須磨久善
by G-Tools

海堂尊。

主人公は世良雅志。

世良が、佐伯教授の命を受け、モナコにいる、天城雪彦を東城大に迎え入れるための使者となる。
高階が初めて東城大に来た時のように、天城の来訪も東城大に波紋を起こす。
天城を見ていると、「極北クレイマー」での世良は、天城の性格を受けついたような印象を受ける。

天城が建てようとした「スリジエ・ハートセンター」。
天城はこれを、永く残るさくら並木だと言う。

しかし。
後の時代の作品にはこのセンターは出てこない。
何があったのか、海堂氏の作品で描かれると期待する。





* * * * *
海堂尊-ブレイズメス1990 second message
『ブレイズメス 1990』/海堂尊 ○ 蒼のほとりで書に溺れ。-ウェブリブログ
海堂尊著『ブレイズメス1990』 - 読書備忘録
Various ブレイズメス1990 - 海堂 尊
「ブレイズメス1990」 - ば○こう○ちの納得いかないコーナー

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本作『ブレイズメス 1990』の主人公は、桜宮サーガきってのシリアス主人公(?)・世良先生である。 『ブラック・ペアン1988』で、高階先生と渡海先生の間で揺れ動いていた1年生医師も、1年余りの院外研修の後、東城大学医学部付属病院に帰還。 その直後の世良は、垣谷
2011/07/17(Sun) 21:20:37 |  蒼のほとりで書に溺れ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。