• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月22日 (金) | 編集 |
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
海堂 尊

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫) ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ) 螺鈿迷宮 下 (角川文庫) 螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
by G-Tools

海堂尊。

不定愁訴外来の田口医師の同期、救急センター長の速水医師が、出入り業者と癒着しているとの怪文書が出回り、田口・白鳥コンビがまたも活躍。

骨格は一緒でも、映画ではいろいろと省略されたことを知りました。
映画化に当たって、いろいろ省略しつつも、うまく外さずにまとめたな、と感心します。
原作を先に読んでいたら、映画を見たときに、「あれ。。。違うじゃん?」と違和感を感じていたかも。
どちらを先に見るかって結構大事ですね。

さて、映画を見ていたので、速水センター長、佐藤副センター長、花房師長らを、堺雅人、山本太郎、羽田美智子を思い浮かべて読みます。
最後の事件は、またも泣けてしまいますね。





* * * * *
ジェネラル・ルージュの凱旋 ぼくのWeblog
晴れ時々… 「チームバチスタの栄光」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」
ジェネラル・ルージュの凱旋 千華の気まぐれ日記
『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋SP』1月2日放送!12-29追記! 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう!
海堂 尊「ジェネラル・ルージュの凱旋」 - おもきち

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
トラバありがとうございました
月さん、トラックバックありがとうございました。
私は、映画とテレビドラマしか見ていなくて、原作は未読なんです。
映画もテレビも、原作とは違ったつくりになっていたそうですね。
映画では堺雅人さんのジェネラルが圧倒的な存在感でしたが、テレビドラマの丁寧な作り方も気に入っています。
原作もぜひ読んでみたいと思います。(^^)
こちらからもトラバさせていただきますね。
2010/12/31(Fri) 21:49 | URL  | 千華 #A8hMdoa.[ 編集]
>千華さん
こんにちは。
海堂作品は原作をおすすめします。
海堂氏が書こうとしているものがだんだん見えてきたので、もはやドラマを見る気にならないのですが(ごめんなさい)、原作の方が圧倒的な迫力で迫ってくるものがあるんじゃないかと。。
田口・白鳥が出てこないものも、出版順にお読みになると良いと思います。
2011/01/01(Sat) 20:28 | URL  | 月 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
以前に見た劇場版が非常に面白くて、特に堺雅人演じるジェネラルが大好きで、それ以来、テレビシリーズがとても気になっていたんです。来年のお正月特番で、続編が放送されると知り、がまんできなくなってテレビシリーズのDVDをレンタルして一気に見てしまいました。そう
2010/12/31(Fri) 21:46:25 |  千華の気まぐれ日記
レンタルで、劇場版の「チームバチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見ました。 原作も読んでないし、以前放映されていたテレビドラマシリーズも全然見ていなかったのですが、映画作品としてこれ...
2010/12/31(Fri) 21:47:56 |  晴れ時々…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。