• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年09月15日 (水) | 編集 |
覘き小平次 (角川文庫)
京極 夏彦

覘き小平次 (角川文庫)
嗤う伊右衛門 (中公文庫) 後巷説百物語 (角川文庫) 前巷説百物語 (角川文庫) 巷説百物語 (角川文庫) 続巷説百物語 (角川文庫)
by G-Tools

京極夏彦。

小幡小平二(こはだ こへいじ)の怪談とのこと。
こちらはお岩さんと違って全く知らないです。
やはり京極流の解釈により描かれたものです。
もとの話を知ってる方が楽しめるのかも、と思いました。





* * * * *
本の話130・京極夏彦「覘き小平次」 本のはなし -最近読んだ本のこと-
覘き小平次(京極夏彦) - まあぼの交差点 - 楽天ブログ(Blog)
覘き小平次 - MagicalFactory Annex
日々徒然 覘き小平次
本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] 覘き小平次

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 片目は恨めしげに見開かれ、片目は醜く損なわれて、すさまじいばかりの形相、そして骨と皮ばかりに痩せこけた体。何とも不気味な幽霊画が表紙に描かれている。京極夏彦の「覘き小平次」(角川書店)だ。  小平次は役者である。それも下手な役者だ。いや下手と...
2010/10/04(Mon) 20:17:05 |  本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。