• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2010年09月05日 (日) | 編集 |
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
海堂 尊

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ) ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫) ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
by G-Tools

海堂尊。

映画を見て面白かったので、原作に当たってみる。
と、面白くて、シリーズを次から次へと読んでいる。
本作は、奇跡の成功率を誇る外科チームだったが、ここ最近術死が続き、その原因を探るべく、病院内で目立つポジションにいない不定愁訴外来の田口医師が任命される。
彼の調査がなかなか進展しない中、高階病院長からの助っ人(?)で、厚生労働省の白鳥がやってきて、ついに原因を解き明かす。

著者は医者で、彼の思いがシリーズにわたって見えてくるらしい。
患者として病院にはお世話になることが多いが、内部事情はとんと知らないので、医者の世界もいろいろ大変だなという気になる。





* * * * *
チーム・バチスタの栄光 - アタシだって言いたかないよ、言いたかないけど言わせてもらうよ
「チーム・バチスタの栄光」(2008年、日本) ミステリ通信 創刊号
チーム・バチスタの栄光 a la mon
自由の森学園図書館の本棚 チーム・バチスタの栄光
『チーム・バチスタの栄光』 (上・下) 海堂 尊 - 仙丈亭日乘

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お薦め度 : ☆☆☆☆ 2009年2月17日讀了
2010/10/04(Mon) 16:48:42 |  仙丈亭日乘