• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年07月01日 (木) | 編集 |
帝都衛星軌道 (講談社文庫)
島田 荘司

帝都衛星軌道 (講談社文庫)
犬坊里美の冒険 (光文社文庫) UFO大通り (講談社ノベルス) 摩天楼の怪人 (創元推理文庫) 最後の一球 (講談社ノベルス) 溺れる人魚 (講談社ノベルス)
by G-Tools

島田荘司。

御手洗シリーズではないものを初めて読む。
とはいえ、作風は島田荘司。
「帝都衛星軌道」の前後編の間に「ジャングルの虫たち」という小品を挟んでいる。
まったく無関係というわけではない。

あ、あらすじ紹介するの忘れてた。
中学生の息子が誘拐されたものの身代金は15万円。
犯人を簡単に捕まえられると思った警察は見事に欺かれたが、中学生は無事帰宅。
かわりに、犯人と交渉した母が失踪。
その謎は後編で明かされる。

色々と試みようとしているのは分かるし、僕は気に入っているのだけど、「くどい」と感じる人もいるかもしれない。





* * * * *
METROPOLITAN ORBIT - 生活
『帝都衛星軌道』 おさるのゆくえ
帝都衛星軌道 島田荘司:つれづれなるままに:So-netブログ
島田荘司『帝都衛星軌道』 - 積読自慢はカッコワルイと思います。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。