• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2010年03月29日 (月) | 編集 |
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
折れそうな心の鍛え方 (幻冬舎新書) 脳力開発マップのススメ―凄い才能を自分で創る (NHK出版生活人新書) 「また会いたい」と思われる人の38のルール 一生折れない自信のつくり方 体感! 思考力の鍛え方 ―仕事に負けない〈勝負脳〉―
by G-Tools

言われると、そりゃそうだろうって思うことがほとんど。
それを実践できてるかどうかが大事なわけで。

あきらめたり、苦手意識を持つと、脳が自ら働きを抑制してしまうとのこと。
なので、ネガティブな発言をしてはいけない、と。

ゴールがもう少し、と思うのもよくないらしい。
脳がもうおしまいだと思って、働きが弱まっちゃうらしい。
最後まで全力投球するためには、ゴールを意識しないことが大事とのこと。

姿勢は良くすること。
目が水平になってないと、モノをしっかり捉えられないらしい。
スポーツ選手なんかだと、水平にモノを捉えてない分、脳内補正の時間がかかってしまうんだと。
プロの世界だと、コンマ何秒の補正の時間が勝敗の分かれ目になることもあるそうな。

字を丁寧に書くこと。
字を雑に書くと、空間認知脳が育たなくて良くないらしい。

「らしい」ばっかですが、ざっとこんなところ。



* * * * *
最近読んだ本 - ブルログ@Hatena
ジャズなら… 相手と積極的に同時発火したがる脳力
脳に悪い7つの習慣 - 私の日常 -
脳に悪い7つの習慣 林 成之(著)Makeup Life! メイクアップ・ライフ!

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック