• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月02日 (水) | 編集 |
歴史と外交─靖国・アジア・東京裁判 (講談社現代新書)

歴史と外交─靖国・アジア・東京裁判 (講談社現代新書)
北方領土交渉秘録―失われた五度の機会 〈満洲〉の歴史 (講談社現代新書) 外交の力 大平正芳―「戦後保守」とは何か (中公新書) 外交の戦略と志―前外務事務次官 谷内正太郎は語る
by G-Tools

歴史が好きで、紀元前何年というところから、色々読んで、やっと戦後・現代のものに到達してきた今日この頃。
明治以降のものだと、外交関係の本も対象に入ってきます。
ノンフィクションは面白いですね。
事実は小説より奇なり、と。



* * * * *
東郷和彦「歴史と外交」 - 弁理士の日々
歴史と外交 東郷和彦 - しおみの日記
新版Kizurizm: 東郷和彦『歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判』

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。