• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月01日 (火) | 編集 |
孟嘗君と戦国時代 (中公新書)

孟嘗君と戦国時代 (中公新書)
他者が他者であること 春秋名臣列伝 (文春文庫) 戦国名臣列伝 (文春文庫) 新 三河物語〈上巻〉 新 三河物語〈中巻〉
by G-Tools

孟嘗君を通じて戦国時代を俯瞰するというもの。
宮城谷先生お得意の時代です。
内容は、すでに知っている話が多かったので、何とも言い難い。
戦国時代について初めて読むという方には向いてると思います。

それにしても、帯には、「歴史小説の第一人者」との記載。
そうか、そこまでか。
15年くらい前からずっと読み続けてますが、その頃はそこまでの評価ではなかったような。
今では、周りでも名前を知っている人が多いし、嬉しいことです。



* * * * *
孟嘗君と戦国時代 - フラワーマンのひとりごと
『孟嘗君と戦国時代 』宮城谷昌光 - あれこれ随想記
『孟嘗君と戦国時代』 宮城谷昌光 中公新書|目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。