• 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月11日 (火) | 編集 |
JAXAシンポジウム2009 「きぼう」から遙かなる宇宙へ
JAXA|宇宙航空研究開発機構

先日、JAXAのシンポジウムに行ってきました。
「きぼう」の組み立て前です。

すぐ書こうと思ってたんですが、もう若田さんも帰ってきてますね…。

さてさて。
向井さんの話だけ聞いて帰ってきたんですが、もう感動することが多いです。
以下、つらつら書きます。


今までアメリカ・ロシアに借りなければ宇宙での実験など行えなかったけれど、「きぼう」ができて、これは言わば「持家」で、自由に使える。
これは大きなこと。

壁って破るためにある。

普通に暮らしているような感覚では生活できない点が、南極って宇宙の環境に似ている。
なので、南極基地でも研究をしている。
たとえば、風呂に入れないから、スキンケアをどうしたら良いか、など。

元気に送り、元気に帰らせる。
病気を予防する。
そういう研究をしている。

宇宙では地球の10倍の速さで老化する。
地球だと、運動していないといっても、歩いたりするだけでも重力に抵抗する力を使っている。
無重力だとそういう力すら使っていないので、寝たきりと同じ。
なので、どんどん弱っていく。
宇宙に行った人の骨はぼろぼろ、すかすかになっている。
また、狭い空間の中で、知らない人と長期間暮らしていかなければならず、精神面もケアが必要。
放射線も、地球半年分を一回で浴びる。
水で防御する。
精子・卵子への影響も懸念。
など。
予防医学、メンタルヘルス、職の安全、産業保険の充実、など。
宇宙での苛酷な環境で生きていく、病気を予防することの研究が、地球での予防医学に応用できる。
※僕の文章では感動を伝えられないのが悔しい限りですが、向井さんのここら辺の話が一番熱が入っていて、聴いてるこちらもかなり感動しました。

Living in space.


シンポジウムの最初の方で、シャトルの中での、無重力ならではの生活風景などの映像(動画)を見ました。
若田さんが帰ってきたときに、テレビでも取り上げられていましたので、割愛します。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。