• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2009年05月16日 (土) | 編集 |
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
西田 宗千佳

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
進化するグーグル (青春新書INTELLIGENCE) クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった できるポケット+ クラウドコンピューティング入門 (できるポケット+) クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図 「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命
by G-Tools

ついこの前まで「web2.0」と騒いでいた気がするのだが。
「クラウド」とは文字通り「雲」のことだが(厳密に言うと“文字通り”じゃないと自分に突っ込みながら書いているが)、その雲の中に、アプリケーションやらなんやらが詰まっていて、ユーザーからは一切見えない。
見えないんだが、ネットワークを通じて利用することができる。
これからは、そんなコンピューターの利用の仕方になっていくという。
そういうことが言われている。

うーん、今までのアウトソーシングサービスとかASPとは違うのか。
ITの世界に限らずだけど、新しい言葉を使って新しいことをやってる気になることがあるから注意しなければ。
特にカタカナ語には。

それと、クラウドの世界は、Googleやらamazonやらが先行していると言われているけど、彼らのビジネスの土俵はB2Cの世界だ。
広告収入がメインの土俵じゃないか。
一般のIT企業がクラウドの世界に参入すると、どういうビジネスモデルで収益を上げるのか。
バックヤードのサーバー、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティといった面の仕事なら従来と変わらない。

変化が早いと言われるけれど、技術進歩の速さとビジネスモデルの変化の速さの相関が見えない。
てか、見えたら、今と全然違う位置にいるのだろうけど(笑)

著者のサイト
西田 宗千佳のPostscript



* * * * *
社長TVブログ ぼくの本棚251:クラウド・コンピューティング by 西田宗千佳
クラウド・コンピューティング /西田宗千佳 - reviewcollage
今日の本 「クラウド・コンピューティング」:TBMの趣味三昧:
クラウドコンピューティングとは何か - ほぼ週刊イケヤ新聞ブログ版
井戸の底から見えるクラウド-Parsleyの「添え物は添え物らしく」

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック