• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年10月12日 (水) | 編集 |
※ブログやってる人でないと、分かりづらいかもしれません。ご容赦。

ワタシの好きな眞鍋かをりブログを例に、トラックバックというものを考えてみる。

眞鍋のブログでおもしろ記事(以下、その特定のおもしろ記事を「眞鍋記事」とします)を発見。
それについて自分のブログで感想なりなんなりを書く。
その際、自ブログ内で眞鍋記事を引用しつつ、眞鍋記事そのものへのリンクをはる。
※眞鍋ブログそのものではなく、“記事”へのリンク。
そうすると、自ブログから眞鍋記事へのリンクはできるものの、眞鍋はリンクがはられたことを知らずにいる。
ファンとしては知ってほしいところだ。

さて、眞鍋記事を見ると、眞鍋記事そのもののURLと、トラックバックURLとがある。
上の方で、「記事へのリンク」と書いたが、これは、記事そのもののURLを使って行う。
次に、自記事を書くときに、トラックバック送信先を書く欄があるはずなので、そこにトラックバックURLを書く。
すると、眞鍋記事に、トラックバックした自記事が表示されるようになる。
また、その表示部分をクリックすると自記事へのリンクがはられている。
よって、眞鍋は、トラックバックされたことを知り、クリックするだけで自記事に飛んできてくれる!ということになる。
めでたしめでたし♪

まとめると、トラックバックを送信すると送信先記事から自記事へのリンクができあがることから、自記事でトラックバック送信先の記事へのリンクをはっておくことにより、結果的に相互リンクができあがることになる。



ところで、記事へのリンクははっていないのにトラックバックだけ送信するということをする方がいる。
これは何だろうと思っていたが、自記事に関連する記事へトラックバックを送信しておけば自記事の宣伝効果は得られるので、相互リンクを望んでいなくてもトラックバックを送信しているのだろうと結論付けた。
その応用編がアダルトサイトかと。
関連する・しないにかかわらず、手当たり次第にトラックバック送信。
うちにもたまに変なトラックバックがあって・・・見もせず削除。
見たら架空請求とかきそうでこわいし、でもたまに見たい誘惑に駆られたりもするので、なかなか手強い(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。