• 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月17日 (土) | 編集 |
いつも本を持ち歩いているけど、道中読み終わってしまうことがある。
そしたら新しい本を買いに行く。
タイトルを見て興味をひかれたものはパラパラめくって買うかどうか決めてる。
よし買おうと思った本が平積みだったら下のを取る。

で、カバーかけてもらって電車に乗り込み、いざ読もうとしたら選んだ本と違っていた。
たぶん、平積みの一番上とその下の本とが違うものだったんだろうなぁ…。
いやー、びっくり(笑)

仕方ないと思って読んでみたらそこそこ面白い。
ああ、こういうこともあるのだな。

それならいっそ目を閉じて選んでもいっしょだな。
目を閉じてたら、漫画みたいに、見知らぬ異性と同じ本に手を伸ばしちゃったりして。
「あ…」なんて。
そんな出会いもあるかもしれないよ?
試してみたら?
健闘を祈る。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。