• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2008年05月09日 (金) | 編集 |
ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学
岡嶋 裕史

ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学
構造化するウェブ (ブルーバックス 1577) 受託開発の極意 ~変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 [WEB+DB PRESS plusシリーズ] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ) 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708)) 実は悲惨な公務員 (光文社新書 340) 小飼弾のアルファギークに逢ってきた [WEB+DB PRESS plus] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
by G-Tools

「○○システムが不具合」といったニュースをしばしば聞く。
ぼくは、システム提供側にいるので、「お客さん怒るのもごもっとも」というケースも、「当社のせいではないよなぁ」というケースも見てきている。
さて、本書は、お客さんの立場からこういった問題の原因などを語る。
語り口は妙に軽くて、(ブラック)ユーモアもあり、理解しやすい。
いや、自分がシステム会社にいるから「理解しやすい」というより「知っている」だけか?
まぁ、いいや。
ざっくり言ってしまえば、相互理解が必要ということなのだけれど、こういう本をお客さん側が読んで、理解を進めてくれるとうれしいななんて思う。
システム会社の努力も当然必要ですが。
それらは車の両輪のようなもので、片方しか動かなければ、同じところをぐるぐる回ってしまうだけなのだ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック