• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月02日 (金) | 編集 |
ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)
島田 荘司

ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)
上高地の切り裂きジャック (文春文庫) 切り裂きジャック・百年の孤独 (文春文庫) 魔神の遊戯 (文春文庫) セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴 (角川文庫) ロシア幽霊軍艦事件 (角川文庫)
by G-Tools

島田荘司。
久々にブックオフにて出あう。
相変わらず分厚いなー。
どんどん読めてしまうけど。

今回はある時点以降の記憶をとどめておけない男の話。
彼が作った絵本が、彼の記憶にもとづくものだと御手洗は言う。
その絵本と記憶のなぞを解き明かしていくと、彼の症状の原因となる事件が浮かび上がり、そして例によって御手洗はそれを解決する。

普通の人では結び付けない事柄を結びつけ真実に至る。
そこに御手洗のすごさを演出する、いつもどおり。
トリックとかは、まぁぼちぼち。
絵本の中身は好きだなぁ。


* * * * *
ネジ式ザゼツキー - 作品感想群
島田荘司「ネジ式ザゼツキー」 - フォーチュンな日々(仮)
ネジ式ザゼツキー(続き) - ミステリカモ(´・ω・)(・ω・`)ネー
『ネジ式ザゼツキー』(本の感想) - よろずことのは - ミステリ,御手洗
【小説】島田 荘司「ネジ式ザゼツキー」|Bohemian Rhapsody
『ネジ式ザゼツキー』 島田荘司 (講談社ノベルス) のたり日記
アルファ・ラルファ大通りの脇道ネジ式ザゼツキー
2006年05月31日|一日一冊 読書評

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。