2008年04月25日 (金) | 編集 |
白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
小山 鉄郎 白川 静 文字文化研究所

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
白川静さんに学ぶ漢字は怖い 漢字百話 (中公新書 (500)) 成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編―白川静著「字統」「字通」準拠 漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書) 常用字解
by G-Tools

漢字の成り立ちを分かりやすく解説。
象形文字・表意文字であるから、似た形をしている文字も多い。
(※「表語文字」という言葉もあることを最近知った)
似ている文字は共通の起源を持ち、発展したもの。
だから、一つの文字を知ると、関連する文字についても、知らなくても意味を想像することができる。
そういった起源・関連を分かりやすく解説してくれている。

カタカナ語を使う人が多い。
便利であることは否定しない。
けれど、カタカナ語は、その意味するところを各人がそれぞれに解釈してしまうので、コミュニケーションの失敗に陥りやすいように思う。
カタカナ語を使った方が、聞き手が好きなように解釈してくれるので、直接的な表現を避け、婉曲な言い回しが好まれる場合もあるのかもしれない。
正確さが求められる場合、厳に誤解を避ける場合は、漢字の方が良いのではないかと。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック