• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年01月17日 (木) | 編集 |
北条氏康―信玄・謙信と覇を競った関東の雄 (PHP文庫)
菊池 道人

北条氏康―信玄・謙信と覇を競った関東の雄 (PHP文庫)
北条綱成(つなしげ) (PHP文庫) 北条氏照 (PHP文庫) 島津義久 九州全土を席巻した智将 (PHP文庫) 佐竹義宣―秀吉が頼り、家康が怖れた北関東の義将 (PHP文庫) 小田原北条記 上―めざす関東制覇・早雲から氏康まで (教育社新書 原本現代訳 23)
by G-Tools

戦国時代、関東に覇を唱えた後北条氏の三代目。
初代は伊勢新九郎(のち、早雲(ソウウン)、宗瑞(ソウズイ))、二代目は氏綱(ウジツナ)、三代目は氏康(ウジヤス)、四代目は氏政(ウジマサ)、五代目は氏直(ウジナオ)。
氏直の代に豊臣秀吉に攻められ滅亡。
「小田原評定」の言葉はこのとき生まれた。

戦国時代の東海以東でメジャーなのは、今川義元(駿府)、武田信玄(甲斐)、上杉謙信(越後)、伊達政宗(奥州)あたりだろうか。
関東が飛んでしまう感じだけど、義元、信玄、謙信と同時代にいたのが氏康。
信長が近畿に旗を立てる少し前には彼ら四人が関東甲信越+東海で争っていた。
氏康は同時代の大名の中で群を抜いて民事・軍事に通じていた(民政については初代早雲のときから北条氏はかなり先進的だった)。
色々取り上げられても良さそうだけど、信玄対謙信とか、少し後の信長の影に隠れてしまった感がある。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。