• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2005年09月22日 (木) | 編集 |
今年の3月、ろくに飯も食わず仕事をしていました。
年度末ということもあって帰る時間が遅かったので、食べる気がしなかったのです。
とは言っても少しは食わなきゃまずかろうと思って、会社でおにぎり一つとかそんな生活。
まともなご飯は昼食のみ。

で。

4月に体調不良・・・。
やはり食べなかったのが祟ったのだろう、と。

その後はとにかく食べなきゃの一心で、栄養バランス考えずに腹に何かしら入れておくという生活。
お菓子でもコンビニ弁当でも、食べないよりはまし、と思って、適当に食べておりました。

すると。

どうも鏡に映る姿が違う・・・。
ベルトがきつい・・・。

お腹が出てきてしまったのです。
これはかなり焦りました。

やばいやばいと思っていたある日、たまたま付けた「あるある大辞典」でこの手の話題を扱っていました。
これによると、行き場のない脂肪はとりあえず胃の周りにたまるんだとか。
そしてこの脂肪は割とすぐ取れるものなんだとか。
ただ、放っておくと、横隔膜が上がり、肺・心臓に悪影響を及ぼすので良くないとのこと。

この脂肪を取るための簡単なストレッチも紹介されていました。
番組の中で、実際このストレッチをやって効果が出た人なんかも紹介されていて、ワタシもやってみたところ、効果アリ!
ベルトのきつさがなくなりました!
これはかなり嬉しい。

さて、ストレッチの仕方は以下のとおり。
①椅子などに座る
②お腹に手を当てる(添えるくらい)
③口から息を吐きながら上体を倒す(お腹を覗き込む感じ)
④花から息を吸いながら上体を起こす
これを5回繰り返します。
次に、②を「手を組んで上にあげる(両手の平を天に向ける感じ)」にして、やはり5回繰り返します。
これを3,4時間置きにやると良いです(働いているワタシは朝晩しかやっていないですが、それでも効果はありました)。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック