• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2008年01月04日 (金) | 編集 |
ネタバレアリ

魍魎の匣【もうりょうのはこ】

原作はだいぶ前に読んだから大筋しか覚えていなかった。
どうも他の方々の感想を見ていると、原作とだいぶ違うみたいなことが言われているけど、あまりそう感じなかったから大筋は合ってたんだろう。
映画『姑獲鳥の夏』と比較して観ていたのだけど、話の展開も良いし、映像も分かりやすいし(『姑獲鳥の夏』はやたら暗くて分かりづらかった気がする)、全体として良かった。
ただ、原作を知らないと分かりづらいかなという気はした。

関口役が椎名桔平に変わった(前は永瀬正敏)。
神経質そうな感じがよく出ててこっちの方が良いかも。
かなり元気だけど。
木場を宮迫がやるのはやっぱり無理があるような。
かといって、誰が良いかというと思い浮かばないのだけどー。
ごついからという理由だけで元スポーツ選手とか連れてこられると興醒めだし。
マギー、田中麗奈、清水美砂、篠原涼子、クドカン、堀部圭亮あたりは良いキャスティングだったと思います。

内容に戻ろう。
ちとぐろい、えぐい。
頼子ってあんな死に方だっけ。
ていうか、あの状態で生きて動いているのがすごい。

中禅寺がところどころで少しコミカルに描かれていたのは原作と違うけど、良かった。
うん、これは良い試みじゃないかな。
中禅寺(堤真一)、榎木津(阿部寛)、関口(椎名桔平)の3人の会話も見応えあったな。
今後も映画化するならこの3人のやり取りが見たい。

ラストの「ほう」は原作知らないと分からないだろう。
ここで使うかーって思ったけど、使う必要あったか疑問。
あの流れでラストに使われてもねぇ。
あと「ほう」って言った人、誰…?

原作あんなに分厚いのを無理やり(?)2時間にまとめてるわけだけど、このまま順番に映画化していたら『塗仏の宴』はどうするんだろう。
あの分厚さで2冊あるし、京極シリーズの登場人物総出でみんながみんなけっこう重要人物だから、2時間にまとまらないだろうし、キャストどうするんだって感じだし。
はやりの三部作でいく?
『塗仏の宴・三部作』…うー見たくねぇ。
あ、原作2冊だから、映画も二部構成で良いか。
謎編と謎解き編とで。

なんにせよ、京極シリーズをこれからも映画にするなら原作の世界観を壊さぬようにお願いしますー。

ノベルスと文庫版だと表紙が違うので、並べて見てみたかったから、並べる↓

魍魎の匣 (講談社ノベルス)
京極 夏彦

魍魎の匣 (講談社ノベルス)
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫) 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 文庫版 塗仏の宴―宴の支度 (講談社文庫)
by G-Tools

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
京極 夏彦

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫) 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 文庫版 塗仏の宴―宴の支度 (講談社文庫)
by G-Tools


塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)
京極 夏彦

塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)
塗仏の宴 宴の始末 (講談社ノベルス) 文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス) 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 百器徒然袋―雨 (講談社ノベルス)
by G-Tools

塗仏の宴 宴の始末 (講談社ノベルス)
京極 夏彦

塗仏の宴 宴の始末 (講談社ノベルス)
塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス) 陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス) 文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 百器徒然袋―雨 (講談社ノベルス)
by G-Tools

文庫版 塗仏の宴―宴の支度 (講談社文庫)
京極 夏彦

文庫版 塗仏の宴―宴の支度 (講談社文庫)
文庫版 塗仏の宴―宴の始末 (講談社文庫) 文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫) 文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)
by G-Tools

文庫版 塗仏の宴―宴の始末 (講談社文庫)
京極 夏彦

文庫版 塗仏の宴―宴の始末 (講談社文庫)
文庫版 塗仏の宴―宴の支度 (講談社文庫) 文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫) 文庫版 百器徒然袋―雨 (講談社文庫)
by G-Tools

『塗仏の宴』は分冊文庫版なんてのもあるみたい…やはり分厚すぎなんだろう。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 新年には初笑い-。腹の底から笑い転げて、ちょっとホロリとなって、ああ、日本はイイなあと思えれば、それはそれで今年も元気になれるだろう。この映画はそんなハッピーな気持ちを与えてくれる。 クドカン(宮藤官九郎)が脚本、個性派俳優の阿部サダヲが主演、京都の
2008/01/08(Tue) 20:12:08 |  本ナビ!by Tamecom,『魍魎の匣』