• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年11月13日 (火) | 編集 |
戦国大名 県別国盗り物語―我が故郷の武将にもチャンスがあった!? (PHP新書)
戦国大名 県別国盗り物語―我が故郷の武将にもチャンスがあった!? (PHP新書)

戦国時代はどうしても織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を中心に語られることが多い。
本書では、そうではなく全国各県の武将、大名を紹介するという切り口。
あまりこういう本ってないんじゃないだろうか。
今まで読んだ本では“脇役”として登場してきた大名家にスポットライトがあたり、「この大名家の由来は云々」と解説がされていて、ぼやけていた部分がはっきりとしてきた。
各地域ごとに地図があるのも分かりやすい。
戦国時代好きにはたまらんです。
著者は同じような切り口で他にも本を書いているようで、この著者の本を読むと、戦国時代の日本全国津々浦々がよく分かるように思えた。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。