• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2007年09月17日 (月) | 編集 |
ネタバレアリ

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ - オフィシャルサイト

R25の記事によると、アメリカ西部劇をもとにしたイタリアの「マカロニ・ウェスタン」のオマージュだとか。
西部劇に影響を与えたのが黒澤明で、ぐるっと回って日本に帰った来た、らしい。

予備知識なしで観に行く。
直前に源平をモチーフにしてると聞いたくらい。
実際観てみたら、平家側に清盛・重盛、源氏側に義経・弁慶・与一・静って名前にしただけじゃん!
あと、紅白の色分けもか。
与一(安藤政信)にボウガン(?)持たせたのは、那須与一が弓の名手だったことにちなむのか。
弁慶(石橋貴明)が脚くじくのは「弁慶の泣き所」ってことか。
で、弁慶はなぜに最期にホモに。
何がしたかったんだ、監督…。

清盛の佐藤浩市、ピエロのような役回り。
あと保安官の香川照之もピエロ。
彼らは何やらせてもいけます。

義経は伊勢谷友介。
キャシャーン以来。

静は木村佳乃。
悲劇の人を演じていた。
演技うまくなった?

伊藤英明、役名なし。
公式サイトでも「Wandering Gunman」とだけ。
そうそう、公式サイトは英語ばっかりなのでとても読みきれません(--;)
話し戻すと、かっこよかった、の一言。

も一人かっこよかったのは桃井かおり。
役名「るり子」…源平には関係なし?
桃井だから許せる役。
映画全体として、ストーリーはあってないようなもので、このキャストにこれやらせたから許せるというか観れるというか。

オープニングには、タランティーノと香取慎吾。
タランティーノがアニメオタクだから、子役を「アキラ」(←大友克洋のやつだろう)としたのか。
製作にタランティーノもかかわってそうな印象。

あ、忘れちゃいけないテーマソングは北島三郎。
スタッフロールで北島の名前が出たとき、館内沸く。
確かに驚くわ。

そんなこんなでストーリーがないのは別に気にならない。
派手なアクションとか、ところどころにある笑いのポイントとか楽しかった。
ちょっと血が多かったかも。
平八がなんで「ジャンゴ」になったのか、「ジャンゴ」ってどういう意味なのかは知りません。
だれか教えて。
※↑調べたら分かりました。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック