• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2007年08月19日 (日) | 編集 |
ネタバレあり

魔神の遊戯 (文春文庫)
魔神の遊戯 (文春文庫)


御手洗のキャラが『占星術殺人事件』のときと違うように思えた。
というか出番も…って言いすぎるとネタバレになるが。
ラストに手口が明かされるまでは、どうなってるんだとどんどん読んでいったけど…う~ん、あんまりスマートではないなぁ。
犯人が「だれ?」って感じなのもねぇ。
インパクトにかける。
ちょっと読み直して「あぁ、こいつか」って思い出す程度。
動機もストーリー上関係なさすぎでは。
御手洗も全然ぶっ飛んでないし。
基本ぶっ飛んでない人なのかな?
まだ2作目だから分かっていないだけだろうか。
次は何を読もうか。



* * * * *
作品感想群
島田荘司『魔神の遊戯』 - のぽねこミステリ館
PICOTHEATRE 簡単書評 魔神の遊戯
島田荘司「魔神の遊戯」 - フォーチュンな日々(仮)
ながし読み日誌 魔神の遊戯-島田荘司
魔神の遊戯 島田荘司 - 桔梗書房
お菓子を片手に、日向で読書♪ 『魔神の遊戯』 島田 荘司
島田荘司「魔神の遊戯」 - ケイの読書日記

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お月様へ
 最初から、どうもおかしい、って気がしますよね。いつもと雰囲気違うじゃん、という気配。

 しかし、それにしても地元警察はよそ者の身元の確認をしないのかなぁ。こういった田舎の警察署長って、徹底的によそ者を嫌うのがセオリーですよね。

 TBさせてください。
2008/03/09(Sun) 10:15 | URL  | kei #-[ 編集]
>keiさん
「お月様」ですか(笑)
TBはご自由になさってくださーい。

しかし、うちかそちらで書きましたが、御手洗本人も「占星術…」のときとは違いますからねぇ。
変人がスーパーマンになっていっていて。
エキセントリックな御手洗が見たいです(笑)
2008/03/09(Sun) 20:59 | URL  | 月 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
魔神の遊戯島田 荘司書店で何気なく手に取った未読の島田荘司作品。裏表紙の紹介文に“御手洗”の文字があったら即買いです。なくても買うんですけど。しかも長編で厚さも十分!!期待は募ります。精神病を患っていた男が描いた記憶の中の村。絵は写真のように正確だが、どこ
2007/08/23(Thu) 09:36:05 |  ながし読み日誌
 これも、やられましたね。見事に引っかかりました。どうして私は、いつもいつも騙されるんだろう。最初から、何かおかしい、とは思ってたんだよね。いくらスウェーデンの有名大学の教授でも、ロンドンのような大都会ならともかく、ネス湖畔の田舎で外国人が(特に東洋人...
2008/04/18(Fri) 16:13:13 |  ケイの読書日記