• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2007年06月13日 (水) | 編集 |
友だちの赤ちゃんと初のご対面を果たしてきた。
お母さんが僕の友だちで、事前に人見知りするみたいなことを言われていたけど、泣かれなかった。
基本的に赤ちゃんには(赤ちゃんにだけ?)もてるので、大丈夫だろうと思っていたけど、案の定。
最初はきょとんとした感じでみていたけど、ちらっと見せる笑顔。
かわいいねぇ。
手放しでかわいがれるねぇ。
きれいな目で(赤ちゃんの目って何であんなにきれいなのか)じ~っと見られて、ふにっと笑顔見せられたら、もう完全に落ちますよ。
「○○○~!」って名前呼んでハグ、みたいな。
これが愛だね。
無償の愛だね。

ランチをご一緒していて、哺乳瓶をもらうとそのままこてんと寝転んで。
そしてなぜか両足を上げてぐびぐびっとな。
足の上げっぷりがまたかわいいのさ。

ほりごたつ式の座席だったので透き間に落ちないようずっと目が離せない。
僕はその場限りだけど、ず~っと目が離せない親たちは大変なんだろうなと思った。

みやげにぬいぐるみを買ってきたのだけど、ちら見して手に取ったと思ったら、ぽい。
気に入らなかったのかしら~。
代わりに(?)商品名やらバーコードやらの書いてある紙に興味津々、ずっともぐもぐ。
そいつぁ食べれませんよ、お姫様…(笑)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/13(Wed) 12:19 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック