• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年04月24日 (火) | 編集 |
セキュリティはなぜ破られるのか
セキュリティはなぜ破られるのか


曰く、「ファイアウォールも、難攻不落の要塞も、箱入り娘も、“破られる”理由は同じ!」

なんですと?!
なら、箱入り娘を破るしかないじゃないか!
というテンションでは読みませんよ。
だまされちゃいけません。

やっぱね、管理部門にいるとビジネスの現場が良く分からないわけですよ。
事件は現場で起こっているわけですからね。

専門用語一切なし。
カタカナ、アルファベットで表現された謎の言葉一切なし。
「セキュリティって何?セキュリティ対策って何?」ってところの考え方が良く分かりますよ。



* * * * *
セキュリティはなぜ破られるのか
セキュリティはなぜ破られるのか 岡嶋 裕史 講談社ブルーバックス|好奇心のかたまり-日刊新書レビュー
情報教育雑記帳 「セキュリティはなぜ破られるのか」
suppy's Blog書評「セキュリティはなぜ破られるのか」岡嶋裕史
その日の出来事「セキュリティはなぜ破られるのか」を読んで

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。