• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2007年04月22日 (日) | 編集 |
つっこみ力 ちくま新書 645
つっこみ力 ちくま新書 645


著者は、パオロ・マッチァリーノ氏。
イタリア生まれの千葉県民だとか…裏表紙に写真があるけど、小さいぞ。
絶対日本人だろ!と読む前から突っ込ませるのが狙いなのか?
あと、本屋で買ったときは帯がついていて、その帯には挿絵が載っていて、この絵もなかなかの突っ込みどころ。
この絵と、「愛と勇気とお笑いと。」というコピーに惹かれ買ったのだ。

内容はというと、世の中に突っ込みを入れてる社会科学というか、社会風刺というかそっち系。
世の中をよくするには、正しいことを言うのではなく、面白いことを言おう、とか。
正論ばっかのつまらない話はダレも聞かないよって。

そうだその通りだと共感する部分もありながら、法務という仕事柄正論言わなきゃいけないこともしばしばで、ちと考えてしまったな。
正論がダメというのではなく、つまらないのはダメということだから、興味を持たれるような話し方をすれば良いのかな。

つっこみ力を持つということは、人の話を鵜呑みにしないということ。
こうやって書いたら、そんなの当たり前でしょってつっこまれそうだけど。

でも、鵜呑みにせず意見を言ってると、上司・先輩からは生意気と見られるんだよ。
言い方もあるだろうけど、難しいもんだね。



* * * * *
バカメロンつっこみ力
ピースうさぎの音楽ブログ 旧館 「つっこみ力」とジョン・ラター
ラスカル隊長の日記 つっこみ力
るんのブログ-本(書籍)広告日記 つっこみ力について
新書中心主義-心理学者の読書日記つっこみ力

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック