• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年01月29日 (月) | 編集 |
アヒルと鴨のコインロッカー
アヒルと鴨のコインロッカー


ネタばれあり。

伊坂幸太郎。
文庫化されたので読んだ。
ちょっとずつ読んでいこうと思っていたのに、真ん中辺から止まらなくなってしまった。
例によって伏線を散りばめ、きちんと回収。
なんとなく先の展開を読ませつつ、でも終盤まで明らかにならないから、どうなってんだろうと気になって読まされてしまう。

あと、セリフがね。
残る。
過去と現在を行き来させて、上手くつなげてるのも感心する。
「お、ここで来たか」みたいな。


今回はせつなかった。
琴美に不幸が起こりそうなのはかなり最初から匂わせていたけど、ああいう最期になるとは。
ただ、あの3人に乱暴されるとかよりはましだった……のかな。
そういう展開だったら、もっとやるせなさがあったような気がする。
河崎も逝ってしまったし。
ドルジもだし。

映画化されるみたいだけど、どうすんだろう。
かなり難しいだろう、河崎とドルジ。

映画のサイトのキャスト見た。
麗子さんは大塚寧々かな。
なんで痴漢に遭った女性を助けたかとか、最後に大笑いしたときとか、重要なポイント。
椎名は主人公だけど主人公らしからぬ感じだな。
作中で「他人の人生にとっては脇役」と語らせてるが読後は特にそう思う。
椎名を濱田岳が演るのか?
関めぐみって分からないけど、琴美かな。
瑛太が河崎か?

ああ、せつない。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは
月さん、こんにちは。
映画化になるんですか。
どうなるんでしょうね。
河崎とドルジ。うまく話できていましたね。
タイトルのつけ方も興味をひくような感じで上手だと思います。
最近はすぐ映画化ですね。でも観てみたいです^^
TBいただきます☆
2007/03/05(Mon) 10:26 | URL  | ヘーゼル☆ナッツ #-[ 編集]
>ヘーゼル☆ナッツ さん
こんにちは。
うまくできてましたよね~。
伊坂らしいトリックというかだましというか。
タイトルもひかれましたしね。
セリフもそうですけど、伊坂のセンスが僕は好きです。
僕にもそういうセンスがほしいくらいですよ。
2007/03/06(Tue) 21:48 | URL  | 月 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。