• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年01月08日 (月) | 編集 |
平家 (1)
平家 (1)


平家の躍進、栄華、没落と、源氏の興隆を描く。
平清盛は善人か悪人か、などという浅い善悪二元論は無い。
政に携わる者に求められるのは結果であって、善意・悪意は意味を持たない。
悪意が善果を生むとは考えにくいが、善意が善果を生むとも限らない。
器の問題なのだ。
人は己の器でしか人を量れぬ、という言葉があったのが印象に残っている。


最後はやはりこれでしめておこう。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
驕れる者も久しからず 唯春の夜の夢の如し
猛き人も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。