• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2006年12月29日 (金) | 編集 |
占星術殺人事件
占星術殺人事件


初めて島田荘司を読んだ。
ミステリーなので、最初にどんな事件があったか語られるのだが、長いっ!
若干くじけそうになりながらも事件の内容をつかみ、謎解きへ突入。

途中、作者からの挑戦状のページがある。
「犯人は分かったか?材料は全て提供したよ」と。
なんて挑戦的な本だろう(笑)

結果、僕は負けた。
犯人、最後まで分からず。
確かに答えは十分導き出せたろうに。
なんてぼやいたところで、負け犬の遠吠えか。

ところどころ、図とか表とかが出てくるのが面白いな。
斬新というか。

次は何を読もうか。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
四半世紀前の作品なれど、斬新さを感じさせるのはやはりすごいね。ミスリーディングがうまかった覚えがある。
2007/01/01(Mon) 23:42 | URL  | ゆか #ciZ.EuIc[ 編集]
ああ、そうだねぇ、すっごい前に出版された作品だもんね。
全然、時代差みたいなものを感じずに読めたよ。
登場人物に語らせてるから、ついついそれに乗ってしまうんだよな、思考が。
もうちょっとこう、俯瞰して見ないと。
次は勝ちたい(笑)
2007/01/02(Tue) 00:09 | URL  | 月 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック