• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2006年12月07日 (木) | 編集 |
急死した椿山課長(西田敏行)が三日間だけよみがえることを認められたが、戻ってみたら美女(伊東美咲)になっていて…残された家族や同僚たちの秘められた想いを初めて知る、という話。

公式サイトはこちら

で、えっと。
伊東美咲見たさに観てきた?
いやいやいや。
西田敏行目当てですよ!(笑)

そんなことはともかく。
どんなもんかなぁ、西田敏行、余貴美子の演技は安心だけど、伊東美咲の演技はどうだかなぁ、なんて思いながら観てきた。

そしたら。
とても泣けた(泣き所はベタではあったけれども)。
こんな泣く話だとは露知らず。
いや、参った。
ちゃんと笑いもあったし。
笑うと感情が抑えられなくなるから、泣いてしまうんだよね。
笑わせて油断させておいて、泣かせる。
泣くまいとこらうことより、笑うまいとこらえることの方が難しいかな。
笑って感情の歯止めが効かなくなって泣くんだな。

さてさて、一緒によみがえったヤクザ(綿引勝彦・成宮寛貴)と少年(伊藤大翔・志田未来)とも絡み合いながらストーリーが展開するのだけど、志田未来ちゃん、演技うますぎ。
神木隆之介くんとの共演が見たい(笑)

んで、この映画観て、ホントに突然逝ってしまったらどうすんだと。
逝ったら困ることもないってのもあるけれども、どうやって友人・知人に知らされるのだろうとか、持ち物はどう処分されるのだろうとか、借り物は返せるだろうかとか、そんなことを。
そういう意味での緊急連絡先とか作った方が良いのかしらん。
共通の友だちがいる場合はなんとかなりそうだけど、共通の友だちのいない一対一の友だちなんて、知りようがないよなぁ、とか。
ケータイのメモリ、総当りになったりするのかな。
んん。
むずっ。



* * * * *
椿山課長の七日間 エリ好み★
椿山課長の七日間 - Good job M -
「椿山課長の七日間」-しんのすけの イッツマイライフ
sigh. 椿山課長の七日間
吾輩はナマケモノである。 椿山課長の七日間
黄金の左足椿山課長の七日間♪

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック