• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2005年08月08日 (月) | 編集 |
「美貌の青空 チェ・ゲバラ、魂の錬金術」というものを見てきました。

演じてはいるけど、動きやセットは特になく、ひたすら話す・背景に写真などを織り交ぜながら、ストーリーの演出をする、というもので、舞台を動くお芝居かと思っていたら、ぜんぜん違いました。
あとから、だからリーディングなのだと、やっと理解。
一応下に演目など載せておきます。

そもそもはDoAsの伴ちゃんが好きでチケットを購入、見に行ってきました。
伴ちゃん目当てでしたが、その感想は後に回すとして。
なかなか面白かったです。
ちょっと難しいところもありましたけど。

ゲバラ役が出てくるかと思いきや出てこず。
ゲバラの言葉をもとにストーリーが作られていました。
これだけじゃ分からないですよね・・・。

えっと。

ある男の身近にいた女性がある日突然消える。
手がかりは一枚の写真。
カストロが写っているのでキューバに向かう。
彼はキューバで夢を見、ある言葉を聞く。
その言葉は、実はゲバラの言葉。
そして、同じ夢を見、同じ言葉を聞いた男が現れる。
彼らは行動を共にすることを決める・・・。

といったところです。

お芝居とかって、役者が客席の方まで動いてくれるときもあるので、横すれ違ったりするとドキドキする。
みんなじ~っと見ているのだけれども、自分がこんなに視線浴びたら演技に集中できないだろうなぁとか思いながら。

前、竹中直人のお芝居見に行ったら、さすが竹中直人、客のお姉ちゃんの上におどけて乗っかってみたり。
彼だから許せるし、なんかやってくれるだろうと期待して見に行っているので、やってくれた!満足!ってなもんです。

で。
伴ちゃん。
VANちゃん。

DoAsライブに行くと、毎回燃え尽きるワタクシです。
ファンクラブにも入ってます。
行くたびにだんだん席が前に行くので、そのうち最前列に到達することでしょう(笑

VANちゃんは4回出てきて、最初の2曲は持ち歌、後の2曲はよくわかりません。
最後の歌は、下に書いたゲバラの言葉が歌詞に入っていたので、今回用に作った歌でしょう。

ライブのときはDoAsTシャツにジーンズというかっこのVANちゃん。
今回はディーヴァというだけあって、お姫様みたいな衣装。
髪も長くて、お人形さんみたいで、とってもきれい。美人。
(髪のびたと思っていたら、友人から付け毛だとの指摘・・・おれの目は・・・節穴
彼女の声は、力強くて、びりびり響いてくる。
その感じがとても好きです。
バラードっぽい歌は、優しく、でもやっぱりVANちゃんて感じで歌うので、これまた好きです。
じ~っと見てたら、好きすぎて泣けてきました、ハハ(照
昔習ったゲバラのことを思い出し、お芝居に十分感情移入して、最後の曲でVANちゃんがしっとり、でも力強く歌い上げたら、完璧にやられました。
号泣はしないですが、涙目で。
終わった後は言葉も出ません。
さらにVANちゃん、立ち去るときは近くを通っていきました。
こんなに近くで見たのは初めて。
やっぱりきれい。かわいい。

幸せでした。



------

世界のどこかで、誰かが、不正な目にあっていたなら、
こころに深く痛みを感じることができるようになりなさい。
それが、革命家の最も美しい資質です。
(エルネスト・チェ・ゲバラ 子供たちへの最後の手紙より)

プロデュース・脚本 売野雅勇
演出 市川右近
音楽 千住明

<演目・配役>
第一幕
1 聖エルネスト
   ナビゲーター=古藤芳治
2 世界のどこかで、誰かが
   吉岡龍実(よしおかたつみ)
   ※何かに導かれ消えた恋人を探しに来た男=市川右近
   トニオ(アントニオ・モラレス)
   ※吉岡と同じ夢を見たキューバ人カメラマン=市川段治郎
   セリア(セリア・ガルシア)
   ※吉岡と同じ夢を見た通信社に勤めるトニオの恋人=市川春猿
  第一場【ハバナ、ホテル・アンバス・ムンドスのテラスバー】
  第二場【ハバナ港】
  歌唱第一 「空想旅団」 ディーヴァ=伴 都美子(Do As Infinity)
  第三場【ボリビア】
  歌唱第二 「new world」 ディーヴァ=伴 都美子(Do As Infinity)

休憩(15分)

第二幕
3 アルゼンチンの歌
   ナビゲーター=古藤芳治
4 ダイアモンドが鳴っている
   片桐裕志(かたぎりひろし)
   ※気のいいGSスタンドのアルバイト=市川段治郎
   篠原裕子(しのはらゆうこ)
   ※裕志の恋人、18年前に父と兄を亡くしている=市川春猿
   篠原一茂(しのはらかずしげ)
   ※裕子の死んだ兄=市川右近
  歌唱第三 「Hold Me...」 ディーヴァ=伴 都美子(Do As Infinity)
5 花火
   苫小牧徹(とまこまいとおる)
   ※東北出身の江戸っ子気質の工員、失業中=市川右近
   田中絹江(たなかきぬえ)
   ※徹の恋人、おなかに徹の子供がいる=市川春猿
6 福音
   ナビゲーター=古藤芳治
7 転生
   吉岡龍実(よしおかたつみ)/ホセ・ガルシア(2役)
   ※ゲバラの部下の革命戦士=市川右近
   トニオ/エル・モラレス(2役)
   ※ゲバラの部下の革命戦士、ホセの親友=市川段治郎
   セリア=市川春猿
  第一場【ボリビアの戦場1967年10月8日】
  第二場【ボリビア山岳地帯の車上1997年】
  第三場【ハバナ港】
  歌唱第四 「Revolutionaries」 ディーヴァ=伴 都美子(Do As Infinity)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうそう!あたしも、同じような感想もったなー。
とくに、やっぱり、通常ライブだと、Tシャツやらが多いから、
ドレスとか着られると、やっぱり、美しいなーって実感するよね。
あ、もちろん、Tシャツ、Gパンでも、十分すぎるほど、美しいんだけどさw

あたしも、1列目でした。当時、ライブでも、最前列にはなったことがなかったので、とにかく、手の届きそうな伴ちゃんに、心臓爆発気味だったよ!!!

実は、このあとのお芝居も、見に行ってます♪
お芝居もよかったなー。
また、いつかでてくれてもいいかも?!と思ってみたりw
2011/06/11(Sat) 02:25 | URL  | いぶ #-[ 編集]
>いぶさん
おー、1列目だったとは!
じゃ、おれの前の方にいたんだろうなぁ。

そのあとのお芝居は、ブルックリンかな。
池袋でしたっけ。

昨日のライブ、いぶさんいるかなーって思いましたけど、見つけられませんでしたわい。
2011/06/12(Sun) 23:11 | URL  | 月 #JalddpaA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/30(Sun) 22:49 |   |  #[ 編集]
>2011/10/30にコメントくださった方
ご参考になったようで幸いです。
また、情報もいただきありがとうございます^^
2011/11/03(Thu) 19:27 | URL  | 月 #WpOzX352[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
チェ ゲバラ, Che Guevara, 高橋 正 ゲバラ日記 彼の名前は、前からちょこちょこ耳にしていて気になる存在でした。映画をみて、彼の偉大さを知ることとなりました。「チェ・ゲバラ」は、キューバ革命をカストロと成し遂げた人物です。詳しくは
2005/08/28(Sun) 22:08:02 |  赤ヘルと音楽とわたくし