• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年07月09日 (日) | 編集 |
前に待望していないと書いたけど、どうも評判が良いようなので見てきた。
デスノートファンの友人が先に見ていて、聞いたら良かったと言うので、それもあって見てきた。

DEATH NOTE-映画版公式ページ

で、結論から言うと、良かった。
テンポよく進んで行くし、原作をなぞりながらの展開も、分かっているとは言え、きちんと消化できるものだった。
ただ、このペースでやってると、とても後編で終わるとは思えないのだけど…。
ミサのノートは後編で出てくるようだし、高田清美(片瀬那奈)、出目川(ジョビジョバのマギー)も出てくるようだし、それだけの内容を詰め込めるのか。
映画化作品の中には、原作の端折り方が悪くて訳分からん内容になることがあると思っているので、後編内容詰め込みすぎて、消化不良を起こさないことを祈るのみ。

あ、ミサのノートが出るということは、レムも出るのか。
リューク同様CGか。
リュークの声は中村獅童だったけど(でも、劇中全然分からなかった)、レムの声は誰が…。

レイ=ペンバーは、レイ=イワマツという名前で登場。
役者が細川茂樹だったから、ハーフっぽい名前にしたのか、ちょっと笑えた。

原作には登場しない、香椎由宇。
けっこうかわいそうな役柄だった。
南空ナオミ(瀬戸朝香)ともども悲劇的結末。

夜神月の藤原竜也…正月にやっていたドラマ「古畑任三郎」のときの犯人役とキャラ一緒な気が…。
幼稚で頭の回転速い人という役は割りとはまり役か、馬鹿っぽいから。

L役、松山ケンイチ…だれ~?
L役って難しいよな。
ここで気に入らないとか言うのは酷だろう。

後編を楽しみに待とう(笑)


ちなみに原作は12巻で完結。

DEATH NOTE 12 (12)
DEATH NOTE 12 (12)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
デスノートの検索結果はこちら■デスノート 映画ヒットした小説や漫画の映画化って最近多いよね。でも映画化されてガッカリする事もしばしば。。。デスノートは映画を先に観ちゃったから楽しめましたぁ♪「L」が大好きな人多いんじゃない....
2006/07/13(Thu) 12:59:22 |  流行りもの大好き☆                         みーはーキャバ嬢のぶっちゃけ人気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。