• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2006年06月11日 (日) | 編集 |
先日、ミシェル・カミロを聴きに行ったが、僕が一番好きなのはジョージ・ウィンストン。
今回初めてコンサートに行く。
横浜関内ホールの2階席。
ちょっと遠い。
目を凝らして見る。

ジョージ・ウィンストンを知ったのは学生のとき。
当時、癒し系の曲が流行っていて、その特設コーナーみたいなところで、延々「All the Seasons of George Winston」がリピートされていた。
そのとき、やはり曲を気に入ったらしい女の子から「この曲はこのCDですか?」と聞かれ、「はい、たぶん…」なんて答えた。
すごくかわいい子だった記憶がある。
…いや、まぁ、どうでも良い記憶ですけど。
ともあれ、そのときからファン。

そして、ついに生演奏を聴いた。
彼、CDと同じようには弾かないのね。
ちょっとアレンジしてる風。
あと、弦に手を伸ばして抑えて、音が響かないようにしながら弾いたりとか。
“あんな弾き方あるのか”なんて思いました。
左手で弦に手を伸ばして、右手で一番高い白鍵叩いていて、その叩く音しか聞こえない。
同じフレーズをリピートするのが好きなようで、かなりの時間叩く音だけだった気がする。
じゃっかん眠気に襲われる。

今回初めて知ったのだけど、ギターも弾くし、ハーモニカも吹くし。
メロディがとてもステキです。
ちょこちょこっと歩いて、もさもさしてて、たどたどしい日本語で、不思議なおじぎの仕方で。
同行した女性陣は「かわいい」と気に入っていたようで。
今度僕が人前でピアノ弾いたら、あのおじぎくらいはマネしてみようかなんて。

帰りにCD買って帰る。
楽譜入り!
前も書いたけど、彼は楽譜がないのでこれはかなり嬉しい!

シーズンズ-ピアノ・ソロ-(DVD付)
シーズンズ-ピアノ・ソロ-(DVD付)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック