• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2006年04月12日 (水) | 編集 |
陸奥宗光〈上巻〉
陸奥宗光〈上巻〉


明治を代表する人物の一人。
“カミソリ大臣”とあだ名されたことは知っていたが、かじる程度の日本史の知識の範囲でしか知らなかった。
坂本龍馬に出会った司馬遼太郎「竜馬がゆく」、武田鉄矢/小山ゆう「お~い竜馬」でも格別掘り下げられてはいないため、どういう人物か分かっていなかった。

自分の仕事が法律関係であり、契約相手との交渉事があることから、条約改正交渉を行った陸奥に興味を持った。
そこで出会ったのがこの本。
陸奥がどれほど勤勉家で志のある人であったをか知り、松下幸之助以来の師を得た気がした。

同書で次の言葉に出会ったのも幸。

「三学」
少くして学べば壮にして為すあり
壮にして学べば老いて衰えず
老いて学べば死して朽ちず
(佐藤一斎「言志晩録」)

陸奥の座右“鷙鳥(シチョウ)は群れず”も性に合い、惚れ込んだ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
なんだか知的なメガネ男子なオーラじゃな~い?
(すみません、もともと歴史好きなの知っています)
2006/04/13(Thu) 21:30 | URL  | みえ氏 #-[ 編集]
どうしたんだ(笑)
陸奥は良いよ~。
ぜひ読んでみて下さい。
上巻の最初の方はつまらないけどね。。
2006/04/15(Sat) 10:22 | URL  | 月 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック