• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2006年04月10日 (月) | 編集 |
失敗学のすすめ
失敗学のすすめ


少し前に売れていた本。
タイトルと、雑誌などでのレビューでなんとなく書いてありそうなことは想像していました。
なので、買って読む気はあまりなかったのですが。
時間が余ったときはだいたい本屋で時間をつぶします。
移動があったりするときは移動中の暇つぶしに本を買います。
暇つぶしに買ったのがこれです。

……でも、最近買う新書はたいてい暇つぶしのつもりだということに、書きながら気がつきましたわ。


人はなぜ同じ過ちを繰り返すのだろう。

なんて言われます。

同じ人が同じ過ちを繰り返す。
ある人が他の人と同じ過ちを繰り返す。

どちらの意味でも取れそうです。

本書はその回避の道を探るべく、丁寧な説明を試みています。
ほんと丁寧に説明しようという感じが伝わってきました。

で、面白いのは説明のための図。
著者の畑村先生、東工大出身でバリバリの理系なので、文系のワタシから見ると“いかにも理系!”ってな図が多々登場するのです。
書いてある内容もさることながら、理系の人ってこういう図でものを考えるのだというところに興味がわいてしまったり。

みんなこれを読んで、ミスがなくなったら良いのにね、という感想で今日は終わり。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック