• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年12月18日 (月) | 編集 |
免疫力は腸で決まる! (角川新書)
免疫力は腸で決まる! (角川新書)辨野 義己

KADOKAWA/角川学芸出版 2015-02-06
売り上げランキング : 308115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書) 腸を整えれば病気にならない~腸内フローラで健康寿命が延びる (廣済堂健康人新書) 大便力 毎朝、便器を覗く人は病気にならない (朝日新書) 腸をダマせば身体はよくなる (SB新書) 腸を鍛えれば頭がよくなる (腸こそ知力と健康の要) 自力で腸を強くする30の法則 やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実 腸がスッキリすると絶対やせる!: 若さも健康も「便通力」で決まる (知的生きかた文庫) 体が勝手にやせる食べ方 (第2の脳「腸」が肥満を止めるレシピ145) 腸内細菌革命 若返る! やせる! 病気にならない!


腸内環境をととのえること、ヨーグルトを食べて腸内細菌を常に摂取することなど学んだ。

これ読んでからほぼ毎食ヨーグルト食べている。
製品によって含まれる菌が違うので、色々食べたらよいのかと思いきや、定着するのに時間がかかり1週間は同じのを食べ続けないとダメというのを本書以外の何かで見た。
職場と家では違う製品を食べてるからどちらかに統一するか。。
1か月ごとに違う製品にかえて色々試してみるのもアリかな。

小腸は病気になりにくく、大腸は病気になりやすい。
要らなくなったモノが流れてくるから大腸は暗黒世界だそうだ^^;

腸内細菌の健全な働きによって脳の発達にも影響が出るようで、ほんと食事って大事なんだな、と。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。