• 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年11月18日 (水) | 編集 |
最後のトリック (河出文庫)
最後のトリック (河出文庫)深水 黎一郎

河出書房新社 2014-10-07
売り上げランキング : 58103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夜の床屋 (創元推理文庫) その女アレックス (文春文庫) 花窗玻璃 天使たちの殺意 (河出文庫) 白砂 (双葉文庫) ○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)


ネタバレあり。

島田荘司が解説を書いているので期待して読んでみた。
読みやすくはあったが、タイトルほどのインパクトではない。





ミステリーにおいていろんなトリックが使い尽くされ、残るは読者が犯人というものしかない、という話。

友人の連帯保証人になった香坂誠一が、別の友人であり作家である私に手紙を送ってよこす。
(香坂と私が友人であることは物語後半で明かされる。)
トリックをあげるからアイデア料として2億円で取引しないかと。
そんなバカな話はないと思いつつ、魅力を感じずにはいられない。

一方で麻薬取引で外国人が遺体で発見される。
容疑者が香坂で、警察がやってくる。

香坂は人に文章を読まれると、それを敏感に感じ取り体調が悪くなるという“能力”の持ち主だった。

自殺では保険金がおりず、妻子に金を残せないので自然死に見えるよう、作家である私に手紙をよこし、自分の過去の恥ずかしい思い出をさらし、それを私が連載小説にすることで、世の人に読まれ、よって体調悪化の末に死ぬという計画だった。

だから、香坂の文章を読んだ読者が犯人なのだ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。